飲食店やレストラン、カフェで仕事アルバイト体験談

狭い問題

通路や部屋が狭いことで支障が出る

飲食店で働いた時に感じていたのですが、
店舗の厨房が狭い場合があり戸惑っていました。
狭いということで、物を持っているときに、
人とすれ違うとぶつかりそうになるのです。

 

そして食器や熱した容器などを持っている時には、
とくにぶつかると危険なのです。

 

慣れている人は問題がないかもしれませんが、
不慣れな場合にはそうしたミスが出がちになります。

 

狭いほうが、料理をつくるのに
効率が良いのかもしれませんが、

 

素人的には厨房の通路は広いほうが
良いんじゃないかと思っていました。

 

そして更衣室が狭いということもありました。
従業員が2人いると、着替えを待っていなければ
いけないということもありました。

 

従業員が狭い更衣室でくつろいでいる場合、
入りづらいということにもなっていて、
これは作業効率を大きく下げる要因になりました。

 

やはり店舗内の通路や部屋が狭いことは、
仕事に支障が出てしまいます

 

 

そして古い店舗だったからなのか、窓が無いというのも、
なにかあまりよくないと感じることもありました。

 

常に蛍光灯の明かりはあったのですが、
空気の入れ替えもできない、
外が遠いということで息苦しい感じがしていました。

 

 

そこで少しでも改善できるところはないかというので
スタッフ間でミーティングをし、ある2つの事をまとまりました。

 

 

ハード面

 

更衣室のロッカーを思い切ってハンガーだけにし、
貴重品入れだけ鍵つきの小さい金庫

 

意外にロッカー自体が場所を多く占めている

 

 

ソフト面

 

スタッフ間の問題を解消するために、
すれ違うときに声をかけることで
交差する箇所を確認と
すれ違う回数を少なくする

 

この2つで数字で表すなら
68%ぐらいは改善されたように感じます。

まとめ

条件立地の狭いことは、問題点を明確にし
対応できる事、必要でないことは省く
シンプルにする事も重要である

スポンサーリンクス

狭い問題関連ページ

イライラには落ち着く
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
食品衛生の大切さ
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
終了時間
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
靴は重要
飲食店業は基本立ち仕事なので靴選びは重要

ホーム RSS購読 サイトマップ