管理人「くう」の飲食店で仕事を素早くこなすウェブマニュアル

飲食店サービス業ではたらくには

どの仕事にも必要な事として
効率化

 

 

例えるなら
無駄の無い動きは切れ味の良い包丁

 

 

切れ味が良い包丁は
切るのに押し引きの往復が少なくてすみます。

 

 

切れ味の悪い包丁は、
数回押し引きをして初めてきれます。

 

 

 

その回数を少なくすればするほど、
沢山早く物が切れます。

 

 

それと全く同じことで
動き自体を早く往復の無駄が無い
動線から作業の流れをすることで
仕事の効率化につながります

 

この効率化に関しては
最初は意識して反復数を
こなすしか他ありません
数をこなすことで
無意識にできるようになって
初めて効率化が始まります

スポンサーリンクス

仕事効率記事一覧

ながら効率料理の仕込みを始め、素早くする段取りは「ながら」が重要です。日本の教育上ではひとつのことをきっちりとと言う教え方が中心で「ながら」というのは悪的な存在に感じられますが、業界限らず実際の仕事、特に飲食店には言えるのは「ながら」の作業こそが効率良くできる秘訣でもあります。しかしここでひとつの事を集中して、教育として教えられている事にも該当する集中し基礎を覚えた後に「ながら」で応用するというこ...

飲食店で仕事ができる人とそうでない人の違いはお店で働いていてある人と一緒に働いていると仕事がしやすく忙しいけどバタバタしないそれに対して一緒に働いていて働きにくく仕事が回らなくて暇なのにバタバタしているそんな経験は無いでしょうか?これは仕事ができる人とそうでない人のの違いがあります。そのポイントはどこにあるのでしょうか仕事が出来ない人はうんちくを言い仕事が出来る人は本質を言う例えば料理の配膳でトレ...

仕事の効率はできるだけ無駄な動きはしないそれは動き自体もそうなんですが根本的なものは考え方と、相手に任せるという心理を大事に守らなければいけません。例えばですがキッチンの仕事で2名担当がいたとします一人は仕込みをメインに一人は料理作成提供をメインにしたところアイドルタイムで暇な時間帯にオーダーが入った場合仕込みメインのスタッフと料理作成の人二人で作成するより一人で作成している方が、仕込みするスタッ...

page top