衛生管理は店舗経営に必須

衛生管について

衛生管理は飲食店にとって必須条件。
表舞台には出てこない
飲食店の項目ですが、
衛生管理者の申請をしないと
飲食店お店を開く事ができません。

 

 

 

法律的に確実に必要なのが衛生管理となります。
食品を保存方法や保持の仕方
厨房機器からテイクアウトに関する
品質表示そのすべてが
衛生管理を元にお店が成り立っています。

 

 

 

気をつけるべき食中毒
異物混入を未然に防ぎ
お客様にとって安全なものを
提供する当たり前のことなのですが
そのポイントをまとめたカテゴリーです

スポンサーリンクス

衛生管理の方法記事一覧

ダスター

ダスターの使い分け1つの目安として色分けをする。間違えにくく視覚的誰もが理解しやすい種類分け方法です。これにより衛生面とダスターの使用用途の管理ができます。カウンタークロスも色が数種類しかないので固定してしまう一つのパターンとしては下記の内容のしたりしていますホールの種類分けピンクホールのお客様のテーブルをメインとしホールカウンター内などに使用するダスター。使い始めの色あせていない物は完全にホール...

食中毒の予防と対策、日本特有の四季があり、その6月の梅雨時というのが食品、特に生ものを扱う時かなり注意をしなければいけません。食中毒の原因として「細菌」と「ウイルス」この原因となる2つの好む季節が6〜8月で特に6月は好条件細菌もウイルスも目には見えない小さなもので目に見えない分注意が必要にそれは温度と湿度

以前千代田区役所で開催した「食品表示の見方」というセミナーに行きました。食品表示は知ってるようで知らないもので、詳しく知ると「なるほど」となかなか知識がつきます。飲食店で働く上で食材を仕入れて管理するには必須の出来事になります管理人「くう」は健康関連の仕事をしてたので表示や成分自体に基礎知識あり、6割ぐらいは理解し知ってましたが改め確認した内容で特にこの食品表示の見方のは消費期限と賞味期限について...

飲食店ではほとんどいるといっていいほどの「ねずみ」です。これは個人で対策できるほど甘くはありません。ねずみの対策は雑菌や食品衛生に関して重要なポイントになります。よくアニメやキャラクターでチーズがセットでありますがこれは間違いでなく乳製品を好んで食べます。あと臭いがするもの動物にしろ人間にしろ食べるときは臭いを感知して食べるので臭いのところをしっかりカバーしないといけません。食品を保存するときはロ...

インフルエンザや食中毒の予防、防止の関係で一般的となった飲食店でのマスクの着用、一昔前の飲食店では「風邪をひいているのに、接客をするな」とお客様に印象をもたれます。しかしいつからか、予防という考えが定着してから、マスクの着用というのが違和感なく、場合によっては、むしろ好感さえ感じる場合がある。マスクをしていなくて咳きこんでいる人を見ると、「菌をまき散さないで」、「そんな状態で料理を作らないで」など...

page top