アルバイト社員スタッフ飲食店で働くと得する事

働くメリット

飲食店で働くメリット

飲食店で働くメリット

 

応用力が身につく

 

コミュニュケーション能力が高くなる

 

段取り力が身につく

 

 

サービス業全般に言えることなのですが、
特に飲食店はひとつの事だけではなく
複数の事をしながら、お客様の対応もしないといけません。

 

 

それはどういう違いかというと

 

工場や流れ作業の仕事場合は

時間中ひたすら箱に詰めるなら、
箱に詰めるという感じで
集中する作業が基本になります。

 

ひとつのことに対して効率を考えるので、
やや職人的な要素が強いのですが

 

飲食店、サービス業の仕事は

複数の作業を掛け合わし、
同時進行で行う作業のイメージで、
1点集中というより、全体を大きく見る。

 

 

この仕事に関してはかなり素質
才能的な要素が強く、
現場で鍛えられる事もあるが、

 

 

 

サービスの基本は
「こうしてもらったら嬉しい」など、
相手の立場になって行動しないといけない為、
意識の持ち方が重要になります。

 

 

 

そういう意味で飲食店で働くと身につく
スキルとして繰り返すと

 

応用力が身につく、

状況判断能力が必要なので決まった事だけでなく
お客様の予防によっては決められたルール意外にも
基本を応用して物事を進めないと状況がある

 

 

 

コミュニケーション能力が高くなる、

電話や紙などの指示でなくダイレクトな
人間対人間の対話なので当然ながら
対話力や聞く力を必要とします
バーやお酒を扱う飲食店ならなおの事
接客でお酒のおかわりなどで
売り上げにも直結します。

 

 

段取りの力が身につく

キッチンに限らすホールも開店までの準備
開店してから回転率からなる片づけと準備
料理なら仕込みと調理というような
同時作業を短時間で行わないといけないので
段取り力先を見るちからもしくわ考える力が身に付きます

 

 

飲食業界内でもスキルとして通用し、
また別業界に変わっても
ほとんど応用できる能力です。

 

 

更に仕事以外でも、接客は人づきあいが基本なので
いろんなシーンで活かせます。

スポンサーリンクス

働くメリット関連ページ

飲食店の仕事
サービス業飲食の仕事はどんな仕事
働く前に決める事
どの仕事もそうだが働く前、選ぶ前に目的をしっかりもとう
心構え
実施に働く前に自分で決めておかないといけない事
予備予習知識
実施に働く前に自分で決めておかないといけない事
バイト口コミ
実施に働く前に自分で決めておかないといけない事

ホーム RSS購読 サイトマップ