飲食業界のスタッフとして働く前に志望動機を見つけるコツ

働く前に決める事

どう働くかで求人の見方も変わる

飲食店に働く前に決めること。

 

飲食店といってもいろんな業界があり、
求人募集や募集方法も様々
そして店舗によってもかなり変わってきます。

 

まず決め方としてあなたの考えと目的主体か、
ジャンルに携わりたい事が主体かで大きく違いが出ます。

 

あなたの考え主体とは

あなたが将来の目的が明確にあり、修行の為、
料理の技術知識、サービスのスキルを学びたい。

 

この場合、将来の店のジャンルが決まっていれば
その方向ですすみ、決まっていない場合は
どのような内容でも良いといえるでしょう。

 

 

あなたがサービスのスキルを学びたい場合の

お店の選び方の例えとして、お客様の来店時から案内、
注文をとり料理ドリンクの提供時に説明、会計がお客様と接する
お店でなくてはサービスのスキルが学べません。

 

逆にキャッシュオンデリバリー先注文、先会計、先提供、
お皿の返却はお客様というお店の場合は接客がほとんどありません。
この2つのタイプだけでも、何をしたいかによって
どのようなお店を選ぶか自然と絞られます。

 

 

ジャンルにかかわりたい場合

飲食店の知識が浅く、とにかく、ひとまず飲食業界に働きたいケース。
飲食といっても業界は様々で単価の低いファストフードもあれば、
一皿1万円など単価の高いミシュラン推薦の高級レストランもあります。

 

この2つの比較でも時給、給料、制服、言葉使いはかなり違いが出ますし
システムが明確にありマニュアル化しているフランチャイズ、チェーン店は
仕事の流れを明確に学べたり。

 

飲食業界の全体を知りたい時にある特定のジャンルに関わって、
次の職場はまた違うジャンルを数箇所いくのが
お店の特徴を学べ良いところ、悪いところを学ぶのに向いています。

 

細かいところはあるものの、働く前にどの方向で
どうするのかを決めることは必要ですね。
それによって求人の探し方も間違いなく
会社やお店の選択も良い条件で探せ
採用の確率もあがり、良い働く環境も整うでしょう。

スポンサーリンクス

働く前に決める事関連ページ

飲食店の仕事
サービス業飲食の仕事はどんな仕事
働くメリット
飲食店業界はきついイメージだがそれなりにメリットもある
心構え
実施に働く前に自分で決めておかないといけない事
予備予習知識
実施に働く前に自分で決めておかないといけない事
バイト口コミ
実施に働く前に自分で決めておかないといけない事

ホーム RSS購読 サイトマップ