飲食店の注意点気を使うところ

見直して意識する業務は

接客業飲食業の意識し見直すコツ

実際教えられないとわからない事や、
経験し体験しないと感じない事、

 

細かい内容で、
人の心理に繋がるような接客方法から、
業務中の気付かない細かいポイントなど。

 

 

些細で少しのことですが、
その少しが積み重なるとことで

 

大きな違いの差が生まれ、
それがお店の色になっていきます。

 

そんな目に見えない事や、
行き届きにくい作業をピックアップしていいます。

 

例えば

 

スタッフ間とお客様に対しての声かけの違い。

 

品質の保持、保存の見方、捉え方。

 

スポンサーリンクス

見直して意識する業務は記事一覧

後ろ通ります

飲食店で仕事する時にはホールにしろ、キッチンにしろすれ違うときは声をかけるのが鉄則です。例えばカウンターで配膳品をセッティングしている人の後ろを通る時は必ず「後ろ通ります」の一声をかけないといけません。ホールでのケースこういうケースは配膳品の配膳する瞬間に人と当たると料理を落としてしまいます、落とす...

≫続きを読む

 

期限の消費方法

食品を保管する時のポイント品質表示の向きを合わせる。当たり前と言えば当たり前なのですが、意外に意識しないとできないケースがあります。仕入れした商品や材料を収納する時、家庭とは違いかなりの量が必要とされる為、1品目でも何10個や何100個となるので、賞味期限や消費期限通りに使っていかないと気がつけば期...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ