管理人「くう」の飲食店で簡単に調理するコツ

調理のコツ

調理は組み合わせ

本格的な料理となると、味や切り方、焼き方、素材の研究など長年修行や長年の経験、勉強が必要になります。

 

専門的に学ぶ場合はでっち奉公し、どこかの料理店に勤め業を観て覚える事をしなくてはいけません。

 

現在は多様化する飲食店なので、必ずしもでっち奉公しなくても飲食店で働けます。

 

ですが調理のパターンや作業の流れは今も昔も変わりません

 

 

ここで紹介するのは誰もができる、またはやりやすい、カジュアルな料理の調理法や料理に取り掛かる前の下ごしらえや下準備など紹介します。

 

料理の8割は段取りと仕込みと言われ、その作業は比較的誰でもしやすい工程にもなります。

スポンサーリンクス

調理のコツ記事一覧

スクランブルエッグ

料理店にあるスクランブルエッグの作り方実に簡単にできます、テフロンのフライパンとゴムべらを準備し強火ではなく、最初は中火、固まってくれば弱火で調整しながらスクランブルエッグを作成します。事前に卵と牛乳をしっかり混ぜ込んだ、スクランブルの元を作成しておき、テフロンなので鍋をあまり温めず少し油もしくわバ...

≫続きを読む

 

フルーツの盛付け

フルーツ 飲食店 団体分のデザートフルーツを簡単に見栄えよく切り盛り付ける方法特殊なカットの仕方をせずに、比較的簡単に彩りよく見た目も豪華に見える盛りつけ方法を紹介します。特殊な切り方で盛りつけ自体に料理の値段が入っている場合はより専門的な技術が必要になりますが、コースのあとの簡単なフルーツデザートの盛りつけ...

≫続きを読む

 

鍋を使いこなす

フライパン、鍋の振り方調理するときに必要になるのが、鍋を振る作業です。これが意外に難しいようで、一番間違った知識としては力でフライパンを上下に動かそうとして鍋を振る動作をします。まずこれは間違いです。まず家庭の分量と違い、家での料理の場合は鍋を振る作業というのはほとんど無いらしくさえ端で食材を動かす...

≫続きを読む

 

盛り付け

盛り付けソース 同じ食材、同じレシピをもっても、作る人によって雰囲気が変わります。それは個人の個性や感性はセンスになります。もって生まれたものもあれば、ある程度経験で身につくものもあります。ほんの少しのコツで料理の美味しさがや見栄えがします。その一つのポイントとしては色味です色味の組み合わせでかなり美味しそうに見え...

≫続きを読む

 

味覚を鍛える

料理をする時に絶対的に必要な感覚は味覚です。その味覚を理解でき、味の種類が分かれば、味の安定し、味を気に入っていただいたお客様のリピートにもつながります。近年はフランチャイズで出来上がったものを提供し料理しているスタイルが多いですがそんな出来合えの料理ですら、料理の温め方の違いで、味が左右される場合...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ