調理と密接な関係は味覚、その感覚を鍛える作業

味覚を鍛える

調理のコツは味覚

料理をする時に絶対的に必要な感覚は味覚です。
その味覚を理解でき、味の種類が分かれば、
味の安定し、味を気に入っていただいた
お客様のリピートにもつながります。

 

 

近年はフランチャイズで出来上がったものを
提供し料理しているスタイルが多いですが
そんな出来合えの料理ですら、
料理の温め方の違いで、味が左右される場合もあります。

 

 

その時に必要なのが味覚です。
出来合えでもなんでも
結局は人間が食べるので、美味しいと感じる
その感覚が無いrと、レシピどおりに作っても
美味しいとはいえません。

 

ではその味覚はどのように鍛えればいいか

 

感覚を研ぎ澄ます環境を作るということですが、

 

人間が多くの情報は視覚、見る行為によって
情報が入ってきます。
料理も味以外に実は視覚の情報で
美味しそう、不味そうなど判断しています。

 

色彩で
青い色の料理というのは無いといっていいほど
過去も含めてありません、
それは青い色は食欲が沸かないからです。

 

そう考えると味覚だけを頼りに味を確かめれば
随分と味を知る練習になるでしょう。

 

管理人「くう」も味をしっかり確かめる時は
目をつぶってて、口の中に放り込み

 

味見しイメージを膨らませます。

 

この内容からも分かるとおり

 

目隠しして試食してみることです。

 

視覚の情報がなくなることにより、味覚の感覚が研ぎ澄まされ
普段気づかない分からない味も、目をつぶることによって
味の再発見できることが多くあります。

 

なのでこのめをつぶって味わうというのは
定期的に行い、味の確認するといいです。

スポンサーリンクス

味覚を鍛える関連ページ

スクランブルエッグ
フルーツの盛付け
普通に切っても飾りつけで視覚的な食欲が出ます。
鍋を使いこなす
フライパンから炒め鍋の使い方、実は簡単に扱えます
盛り付け
盛り付けの料理の色彩を意識するだけでプロの盛り付け

ホーム RSS購読 サイトマップ