履歴書や面接ではどのようにして判断されているか

面接がゴールではない

働くに至って採用されると
働き続けるという責任は発生します。
お店側も面接に至るまで、
いろいろ準備とお金、労力がかかっていて

 

 

応募の際には求求人情報をよく理解し、
自分のしたい事もまとめておくおをお薦めし
働く前と実際働くとイメージと現実は
必ずギャップが出てきます。

 

 

そのギャップが少ないほど長く働きやすく
仕事が見つかる確率が高くなるでしょう。

 

 

 

「実際働いて合わなければ
また次を探せばいいでしょう」
そんな意見もありますが、

 

その考えはあなたにとってもマイナスになります、
違うお店は確かに以前のお店とわからないのですが
履歴書を書く時間、面接に行くまでの時間と
労力と交通費、更には働く先が見つかるまでの
精神的焦りや、いらだちを抱える事になるので、

 

良いお店と出会うには情報収集と
自分の決めごとをしっかり見直すこと
だから面接は仕事とのお見合的な要素も含まれます

 

仕事の選び方を選ぶ前に、自分を知る必要があります。

 

それは自分の特性を、回転が速いお店向きなのか、
ゆったり上品な言葉使いの高級店向き
他は接客がほぼない、レジのみのような飲食店

 

 

スポンサーリンクス

求人情報から面接記事一覧

飲食店の求人を探すコツ実際に働くとなってさてどうすればいいのか。求人を探す必要があります。探し方は様々ありますが現代は求人情報サイトを利用するのが良いしょう、総合的に色々な求人が集まっているので、幅広く探しやすく近年はネットの普及と需要が多いのでネットのアルバイトサイトに登録し条件を絞って保存すれば、新着などでメールで届いたりするので、探す手間も省けます、採用が決まるとお礼金がもらえる珍しいシステ...

あなたの飲食店で働きたいジャンルが決まり、どんなお店を探すかも、ある程度決まりました。その働くところに何を目的とするかで、後々あなたの経験やスキルになるからです。この時に最高のスキル、最高の場所、最高のお店など目的を考えすぎて行動できない状態はさけましょう。なぜなら行動しないと始まらないからで、選ぶ時間を費やして、面接や働く機会を失うより気持ちの中で54%あなたの働きたいお店が見つかればまず応募、...

飲食店での面接採用ポイントの秘密アルバイト、社員と二つの雇用方法がありますが、特にアルバイトの採用にはポイントがあります。とてもシンプルですべての採用ポイントではないにしろ、半分近くの割合がこの理由を占めています。それはなにかというと通常の事務職ではなく、お店は営業時間があり忙しい時間、日時も様々です。お店の立場からすれば必要な時に必要な人材がほしいわけです、営業の求人の場合は営業力を求めますが。...

履歴書は重要視するか?答えは重要視していますがポイントがあります。履歴書の内容で職務経験で飲食店やサービス関連がある場合は、質問や気になる対象ではありますが、全般的には内容は細かく見ていないケースが多いですそれより注意点は、文字を丁寧に書くき配置のバランスよく書くのが第一印象で良くなり、履歴書自体に見られやすくなります。汚い字でも丁寧に心を込めて書かれた字は相手にもやる気が伝わります。履歴書を持参...

飲食業界、お店の働きたい気持ちも重要ですが現実の問題お給料です。お金の話日本人はいつの時代も苦手意識があります。しかし後々お金が原因で仕事に嫌気がさすのは勿体ない事ですし、お金のトラブルで退職する人もいます。その解消もする為に最初に時給と給料のことは応募時に確認し、面接でも確認するべきです。お金のどの面を見るか基本時給は勿論、残業代、売り上げ達成報酬など、そして社員なら福利厚生これは飲食店では見落...

面接を受ける時にどう答えるのか悩むケースの志望動機。これは目的がはっきりしておけばとても簡単、というか自然に出てくる理由になります。問題は飲食店やカフェ、レストランで働いてみたいというだけの動機で面接する場合。志望動機に何を書く、もしくは話す内容を悩むでしょう。なぜ悩むか答えはとてもシンプル、動機が無いからです。例えば飲食店で将来お店を出したり、飲食店業界で働き続けたい場合は明確な志望動機が生まれ...

飲食業界の面接時の服装ってどこまでかっちりすればいいんでしょうか基本スーツでしょ、確かに間違いではないがリクルートスーツ迄はしなくてもじゃカジュアルな服装で大丈夫・・・万が一面接当日にスーツで来ないとマズイきっとこんな感じで心の声が聞こえてくるのでは飲食業界に限らず面接時に服装は結構悩むものです、以前は女性が特にスカートにするのか、パンツにするのか選択の余地に悩んでました最近は男性も黒より紺、黒よ...

page top