面接準備は志望動機ポイントがコツです

目的決まれば働きたいお店を絞る

あなたの飲食店で働きたいジャンルが決まり、
どんなお店を探すかも、ある程度決まりました。
その働くところに何を目的とするかで、
後々あなたの経験やスキルになるからです。

 

この時に最高のスキル、最高の場所、最高のお店など
目的を考えすぎて行動できない状態はさけましょう。

 

なぜなら行動しないと始まらないからで、
選ぶ時間を費やして、面接や働く機会を失うより
気持ちの中で54%あなたの働きたいお店が見つかれば
まず応募、問い合わせし、面接をしてもらわなくてはいけません。

 

 

採用になって実態働き、失敗したと感じたとしても、安心してください。
その職場が最後でなければ結果的に失敗ではないのです。

 

それに失敗と感じたほうが、
あなたの経験と知識から知恵に変わる瞬間だから、
長いスパンで見るならば、次のステップに辿るまでの
経験と能力を高めている最中と思えばいいのです。

 

ですが選ぶ気持ちはのは54%ぐらいとしても
あなた自身の気持ち目的は85%明確でないと
面接の時に
「どうしてこのお店を選んだのですか?」と聞かれるので
会話できるようにはしておきましょう。

 

「将来・・・・になる為にこちらで学びたいからです」、
「ホームページを拝見し、・・・・・のコンセプトとサービスが・・・」など
働きたい志望動機にしてみたり、なければ
「時給と交通の便が良かったからです」でも良いと思います。

 

どんな理由にしろ一番は働く業界がサービス業なので
明るく笑顔で会話するのは飲食業の変わらない法則です。

スポンサーリンクス
page top