お客様に感謝と店内での言葉をプラス@コツ

またお越しいただく気持ちを込めて

極端な表現ですが、
お客様の人生の一部の時間
お店で過ごしていただきます。

 

そのお客様にとって有意義な時間を過ごしていただき、

 

また利用していただく為に、

 

お客様への言葉使いや、

 

こう言ってもらえると嬉しい言葉を選び、

 

それが結果心地よい接客につながります

 

 

接客用語といっても
綺麗に言葉を使うだけではなく
「伝える」
重要視しないといけません。

 

言葉だけに頼りすぎると伝わらず
むしろ不快を感じさせる事にもなりかねません。

 

言葉使いと伝わる接客を知ると

 

最高の接客につながるわけです。

 

 

特に働き始めの人や
接客の仕事に慣れていな人など、
お店側から教えてもらった接客用語をそのまま言って

 

状況は正しくても、
お客様の心理に合わない場合は

 

言い方を変えたえり、

 

こうして欲しい、

 

こう言ってほしいに

 

合わせて言葉を変えないといけません。

 

 

その為
クレームや提供時、何度も足を運んでくれる
リピーターの方の挨拶など、心理的な事から
具体的な言葉のポイントをまとめました。

スポンサーリンクス

接客用語のポイント記事一覧

忙しくなったり、何かの手違いでお客様に提供を忘れを未然に防ぐ方法提供した後の確認、忙しい時に起こりがちなのが提供忘れになります。ピークタイムに一番ありがちな出来事でお客様からクレームをもらうことがあります。当たり前ですよね。まず対応策の一つとして料理を出し切ったら、ホール全体を確認する。料理なり、飲み物なりお客様テーブルに何もなければ提供忘れの可能性が高いです。お店側からすると複数のお客様ですが、...

飲食店顔ともいえるホールのお仕事になります。挨拶のアクセントやプラスα付け加えるだけで接客の好感度が変わります。もっとも基本的挨拶ですが「いらっしゃいませ」「ご注文お伺いします」「ありがとうございました」とあります、飲食店で一番良く聞く言葉でないでしょうかそんなよく聞く言葉でもプラスαはこういう風に増やします。「いらっしゃいませおはようございます」「いらっしゃいませこんにちは」「いらっしゃいませこ...

お客様に不快感を与えずにオーダーを確認する方法。注文を聞いている時のよくあるシーンでお客様が料理を注文し最後にビールを言う時グラス、ジョッキの2種類があった時にお客様が「グラスビールください」というとあまり理解してないスタッフは「小さい方のビールですか?」と聞きなおします。それに対してお客様「グラスビールです」スタッフはまた同じ返答で「小さい方のビールですか?」と聞きます。これはサービスにとっては...

お客様に対して、お伺いする時の接客用語のポイントとして、お伺いする一例はオーダーの確認や注文頂いた内容と少し違い確認する場合。閉店時間や食べ放題などの制限時間がありお伝えするなどその他、お声かけする時第一声はどのように声をかけるか例えばこんなシーンで3名のお客様で、話もそれなりに盛り上がり無言になる隙間がない状態ですが、閉店時間に気付いていない、もしくは閉店時間がわからない。この時に「閉店時間です...

「ただいまお伺いします」この一言はお客様にとっては安心感を感じます。なぜ安心感を感じるかといううと例えばこんなシーンで使われます満席の状態で席案内はされ、メニューをみて決まりお店のスタッフに声をかけようと思い注文を取りにスタッフがなかなか来ない、呼ぶタイミングもつかめないお客様がやっと声を発して呼んだところに反応がないと呼んだ事に気づいてくれているのか、気付いてくれていないのかわからないことに不安...

付き合っている「少々お待ちください」販売や、物販系など接客業の中で、飲食業界がこの言葉一番使われているのではないでしょうか。多くみられるシチュエーションはお客様が注文したくて呼んだ時に、「只今お伺いします」と「少々お待ちください」の併用使い非常に多いと思います。これは「只今お伺いします」の心理的安心感を感じる言葉でお伺いは直通、すぐにでも駆けつけれる状態に使いますが、「少々お待ちください」は言葉の...

「失礼しました」飲食店でよく使われる言葉です。この言葉はどの場面で使われるかというと、最も多く使われるケースとしてはお皿を割った時、食器を落とし大きな音を出したときこれは働いているスタッフ側からすると落とすという認識と心の準備ができてますが、お店に来られて、楽しい時間を過ごしているお客様からすると大きな音が気になってビクッとします。することがよくあると思います統計によると10人のお客様に対して3人...

「ご遠慮いただいております」日本語は本当に難しく、抽象的な言葉です、同時に綺麗でもあると感じます。この「ご遠慮ねがいます」「ご遠慮いただいております」綺麗にお断りする言葉になりますが、言葉の前に断りするような状況があるのか、例えばどんなシーンに出てくるかというと正装、純正装のお店などでカジュアルスタイルで来店されたお客様に対して入店をお断りしなければいけません。そんな状況で「そのような格好での来店...

お客様のオーダーを言われて万が一聞き取れない場合はメニューに対して「えっ?」と言ってはダメです これはコミュニケーションスキルにもよるんですかそういわれると人とは心理的にバカにされてるもしくわ聞こえてない私の声が小さかったのかというような不安要素のつながりになりますですから「えっ?」と言う前にこういう言葉に変えましょう「恐れ入ります、もう一度お伺いしてもよろしいでしょうか」上記の言葉ような聞き返す...

日本も随分とグローバル化が進み将来は外国人ももっと日本に旅行に来てさらなる国際交流が始まると思います。そこで接客に必要になってくるのが、外国語の知識要は少しでも話せるかどうかなのですけど少し話せると外国人のお客様は話せるんだこの人はと思ってすごいスピードで話し始めます。そんな時に少しでも対応できる様に心の準備はしたいものですが日本語で普通に対応できる言葉も、外国語慣れしていない日本人にとっては緊張...

page top