外国語の接客、お客様に対して通じる魔法の言葉

外国語接客対応

外国のお客様に対して外国語の接客でおさえておきたい言葉

日本も随分とグローバル化が進み
将来は外国人ももっと日本に旅行に来て
さらなる国際交流が始まると思います。

 

 

そこで接客に必要になってくるのが、

 

外国語の知識

 

要は少しでも話せるかどうかなのです

 

けど少し話せると外国人のお客様は
話せるんだこの人はと思って
すごいスピードで話し始めます。

 

そんな時に少しでも対応できる様に
心の準備はしたいものですが

 

日本語で普通に対応できる言葉も、
外国語慣れしていない日本人にとっては

 

緊張と恥ずかしい、

 

そして慣れない環境のあまり、
普通にしてたら出てくる言葉も
意外にすぐには出てきません。

 

 

管理人はそのとき日本語で貫き通します、
その分ボディーランゲージと意志を強く出します。

 

それも無理な場合は絵を描きます。
絵は大体は通じる場合が多いのですが

 

それでもそれができない人には世界共通の
魔法の言葉を覚えると大体は通じます。

 

実際管理人はドイツに行ったときまったくドイツ語知りませんでしたが
その魔法の言葉を使うことで、買い物はほとんどできました。

 

 

その言葉とは 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
one=1

 

two=2

 

three=3

 

four=4

 

five=5

 

six=6

 

seven=7

 

eight=8

 

nine=9

 

ten=10

 

そう数字です。

 

 

数字だけ伝えれば大体は通じます、
これは来店するお客様にとっても

 

支払いに数字は必要不可欠、
オーダー注文数も数字が必要

 

数字が伝われば
大きな間違いはしにくくなるものです。

 

ある意味数字は全世界共通であり
大げさに言うならば
宇宙共通かもしれません。

 

というぐらい使えます

 

例えば1000円になりますというと
one thousandth yenになりますが
この言葉がいえなかったら

 

one zero zero zero yenでも通じます

 

管理人もこの方法で100%伝わっています

 

なので何が大事かというと

 

キレイに上手に話せるというか

 

しっかり伝わっているかが大事で

 

外国人のほとんどは、コミニュケーションをとる姿勢が大事なんです

 

日本と違って意思表示がはっきりしているので

 

その姿勢が伝わるので

 

普通に友人と話しているような感覚で

 

話すのが一番でしょう。

 

スポンサーリンクス

外国語接客対応関連ページ

提供忘れ対策
接客には常に付きまとう出来事を対処する力
接客用語のコツ
伝わる言葉は何気ない一言でサービスを感じる
注文確認のポイント
注文内容を間違いない為に復唱
お客様に声かけを
挨拶から一言つけるだけで喜ぶコツ
お伺いします
心理的な安心する言葉
少々おまちください
お待ち頂くときにはこの言葉は必要
失礼しました
スタッフの不手際でお客様に不愉快にさせない魔法の言葉
ご遠慮
断るときの言葉選び
「えっ?」に注意
自然に使うから意識して改善する一言

ホーム RSS購読 サイトマップ