サービス業で否定的な事を伝えるときのコツ

ご遠慮

「ご遠慮いただいております」

 

日本語は本当に難しく、抽象的な言葉です、

 

同時に綺麗でもあると感じます。

 

この
「ご遠慮ねがいます」

 

「ご遠慮いただいております」

 

綺麗にお断りする言葉になりますが、

 

言葉の前に断りするような状況があるのか、

 

 

 

例えばどんなシーンに出てくるかというと

 

正装、純正装のお店などで
カジュアルスタイルで来店されたお客様に対して
入店をお断りしなければいけません。

 

そんな状況で

 

「そのような格好での来店はお断りです」
「カジュアルなスタイルは入店お断りです」というと
これはもうだめですよね。

 

 

何がだめかというと
そのお客様自身を否定しているように感じます。
この台詞の場合は人が中心の意味になり
正装していないお前が悪いという風に解釈されやすく

 

 

使い方としては
「カジュアルの場合、ご遠慮いただいております」
こういうとカジュアルという服が主体になるので
人は否定せずにTPOに合わせた服装を
着ていただければ問題ありませんよ
とやんわりと表現しています。

 

この曖昧な表現が実に美しく
こういう言葉を使いこなすと
接客用語にも幅が増えます。

 

スポンサーリンクス
page top