お皿を落としたり大きな音をたてた時はどう言えば良いか

失礼しました

失礼しました

「失礼しました」飲食店でよく使われる言葉です。

 

 

この言葉はどの場面で使われるかというと、
最も多く使われるケースとしてはお皿を割った時、
食器を落とし大きな音を出したとき

 

 

これは働いているスタッフ側からすると
落とすという認識と心の準備ができてますが、
お店に来られて、
楽しい時間を過ごしているお客様からすると
大きな音が気になってビクッとします。
することがよくあると思います

 

統計によると10人のお客様に対して

 

3人はビクッとして振り返り

 

4人は瞬きし

 

3人は気にならない

 

というような内容になります

 

そのタイミングとしてとした瞬間、
落とすとわかるので言う準備が出来ます

 

「失礼しました」 と一言、言えばすかさず
お客様に伝えることができると思います
その言葉も不思議と安心につながります。

そのほかの失礼しました

これはダイレクトにお客様に何か不手際があった時

 

結構ありがちなシチュエーションとしては
配膳時にトレーからお客様のお箸だけ落ちた

 

スープ系、ドリンク系テーブルに置く時に少しこぼれてしまった

 

そんな時に出る言葉が
「失礼しました」
これだけでは不足なので
「失礼しました、すぐにお取替えします」
と正しいものをお持ちするという事を伝えないといけません

 

それに対してお客様がこのままでも構いませんよ
と判断するので

 

お店の姿勢としては従来の品物を提供するという
ことはしっかり伝えないといけません。

スポンサーリンクス

失礼しました関連ページ

提供忘れ対策
接客には常に付きまとう出来事を対処する力
接客用語のコツ
伝わる言葉は何気ない一言でサービスを感じる
注文確認のポイント
注文内容を間違いない為に復唱
お客様に声かけを
挨拶から一言つけるだけで喜ぶコツ
お伺いします
心理的な安心する言葉
少々おまちください
お待ち頂くときにはこの言葉は必要
ご遠慮
断るときの言葉選び
「えっ?」に注意
自然に使うから意識して改善する一言
外国語接客対応
外国のお客様に対して通じる魔法の言葉

ホーム RSS購読 サイトマップ