どんな時に使用する「お伺いします」の意味

ただいまお伺いしますの効果

「ただいまお伺いします」

 

この一言はお客様にとっては安心感を感じます。
なぜ安心感を感じるかといううと

 

例えばこんなシーンで使われます
満席の状態で席案内はされ、メニューをみて決まり
お店のスタッフに声をかけようと思い
注文を取りにスタッフがなかなか来ない、
呼ぶタイミングもつかめないお客様がやっと声を発して
呼んだところに反応がないと呼んだ事に気づいてくれているのか、
気付いてくれていないのかわからないことに不安を感じますよね。
友人や家族の複数でお店にいる場合はそんなシーンがあっても
あまり気になりませんが、一人の時はスタッフfを呼んで反応のない時は
正直つらいです。

 

その瞬間に「ただいまお伺いします」この一言がお客様に届くと、
お客様の心理として私の存在を認識してくれたんだと感じ、
心にゆとりが持てるので、呼んでから待つ心境の」気持ちができます。

 

この場面の「ただいまお伺いしますは
今からあなたのところに注文にお伺いしますという返答になります。
その後はも勿論注文にうががわないといけません。

 

その他のケースとしては入店、来店で入口付近に
スタッフがいない場合は「いらっしゃいませ、ただいまお伺いします」
ひょっとすると一番多い機会じゃないでしょうか?

 

 

こういう接客用語は音で接客する心得のひとつですね。

スポンサーリンクス
page top