お客様のオーダーや質問に対して「えっ?」という返答に注意

「えっ?」に注意

口癖はかなり注意が必要なので自分でも見直しする

お客様のオーダーを言われて万が一聞き取れない場合は
メニューに対して「えっ?」と言ってはダメです

 

これはコミュニケーションスキルにもよるんですか
そういわれると人とは心理的にバカにされてる
もしくわ聞こえてない私の声が小さかったのか
というような不安要素のつながりになります

 

ですから「えっ?」と言う前に

 

こういう言葉に変えましょう

 

「恐れ入ります、もう一度お伺いしてもよろしいでしょうか」

 

上記の言葉ような聞き返すのがベターだと思います

 

口癖は反復しないと直りません
なぜなら無意識で発してしまっている言葉なので
言われないと気づきません。

 

もしくわ自分の言動や行動に客観的に観察しない限り
クセは直らないでしょう。

 

この言葉遣いだけは個性を受け入れてなど
その人を尊重しながら伸ばしていくような
アドバイザー的にする必要は全くありません。

 

最初は感情や理解されなくても、言い直しはすべきです
リーダー指導する人は指摘をちゃんとすべきです

 

指導を受ける側は自分の癖はこういうところにあったのか
というふうに自覚する必要があります

 

2つ、3つ程の言葉でとてもささいなことなんですが
お客様にとっては大きな要因になり
そこが良いか悪いかのサービスのつながりますので
細かい口癖の言葉使いには十分注意しましょう

   
スポンサーリンクス

「えっ?」に注意関連ページ

提供忘れ対策
接客には常に付きまとう出来事を対処する力
接客用語のコツ
伝わる言葉は何気ない一言でサービスを感じる
注文確認のポイント
注文内容を間違いない為に復唱
お客様に声かけを
挨拶から一言つけるだけで喜ぶコツ
お伺いします
心理的な安心する言葉
少々おまちください
お待ち頂くときにはこの言葉は必要
失礼しました
スタッフの不手際でお客様に不愉快にさせない魔法の言葉
ご遠慮
断るときの言葉選び
外国語接客対応
外国のお客様に対して通じる魔法の言葉

ホーム RSS購読 サイトマップ