お客様に感謝と店内での言葉をプラス@コツ

スタッフからお声掛け

お客様に対して、お伺いする時の接客用語のポイントとして、

 

お伺いする一例は
オーダーの確認や注文頂いた内容と少し違い確認する場合。
閉店時間や食べ放題などの制限時間がありお伝えするなど
その他、お声かけする時
第一声はどのように声をかけるか

 

 

例えばこんなシーンで
3名のお客様で、話もそれなりに盛り上がり
無言になる隙間がない状態ですが、閉店時間に気付いていない、
もしくは閉店時間がわからない。

 

この時に
「閉店時間です」といわゆる目的だけ伝えると
間違いではないのですが、お客様は

 

「わかっているわよ、そんな言い方しなくても」と

 

正論ではあるものの、感情は不快に感じ
再度利用していただく確率が下がります。

 

ではどのようにお伝えするかですが

 

 

実にシンプルですが
「お話し中恐れ入ります」
「お話し中失礼いたします」
「お取り込み中お邪魔します」
などお客様の現在状況に次第ですが
盛りあがっているなか話し中を割り込む状態なので

 

声をかけるスタッフの心境的に
「話を盛りがっているところ、場の流れがくずしてしまう」
申し訳ないという気持ちになるため、こういうケースは
非常にお客様に言いにくく伝えにくいと思います。

 

なので申し訳ないという気持ちと言葉というのは大事になり、
その心境が伝わるとお客様理解してくれるます。

 

気遣いを言葉にするサービスの1つでした。

スポンサーリンクス
page top