電話対応は3トーンあげる

相手が見えない会話を意識する

 

電話の接客は
普段の3トーンぐらい声色を上げて、
はっきりゆっくり話す必要があります。

 

 

インターネットが普及したといえ、
お店のつながりはいつまでもアナログです。

 

その1つの手段の電話。
電話は声の接客です。

 

電話はお顔が見えないので、
接客や言葉使いは
対面より気を使わないといけません。

 

話すスピードは早くても良いのですが、
最も重要なポイントとしては

 

止めるところはしっかりとめる、

 

話すところはしっかり話すと

 

聞いているだけで

 

どこで話すのだろうと感じとってもらえるように

 

意識するのが一番の接客になります。

 

 

その基本の電話対応から、
応用で言葉使いを紹介するページ

スポンサーリンクス

電話対応記事一覧

電話応対の重要性飲食店での接客というのは必ずしも対面のみではありません。対面の次に多い接客シーンは電話になります。インターネットが普及してネット予約というもの増えましたが。まだまだ電話予約は多く特に貸切や席予約、パーティーの問い合わせは必ずといって良いほど電話の応対です。対面以上に気を使わないといけないのがお客様の電話口での要望を聴くということです。ただ聞くだけでなく、何を問い合わせしたいのか。例...

電話応対接客の2つの方法、実際の接客でも言えることなのですが、話すスピードを気をつける事電話は視覚的にお互い別の景色を見ているので、話していても違う思考になる事がよくあります。そんな状況で早口で説明されても、全く伝わらず更には聞き取りにくくお客様は不安が残るばかりです。では話すスピードに気をつけるいう事ですがゆっくりというよりテンポとリズムを大事にしています。文章のイメージで表現するならば早口「お...

お客様に電話した時に留守番電話になった場合の対応留守番電話になった場合吹き込まずにそのまま電話を切ると印象が悪くなるでしょう。少しの言葉でも良いのでしっかり留守番電話に用件を入れる必要があります。そうはいうものの対面でも難しい接客に対して顔の見えない電話対応から更に対話できない留守番電話になると慣れていない場合スムーズに話せません対話しないと「え〜っと」や「あ〜」の合間言葉が多くなります。まず意識...

お店を営業している中で予約というものが料理を出している飲食店は必ずと言って良いほどあります。予約を受けることの多い飲食店のパターンとして圧倒的に夕方から夜にかけての営業時間のお店が多くその時間にお客様が利用するならお酒を飲むケースは100%その予約受付の仕方としては電話がほとんどになるでしょう。少ないケースとしては前日や当日の予約時間の数時間前に来店するケースもありますあとはインターネットEメール...

page top