留守番電話対応は4トーンあげてはっきり発言

留守番電話の例文

留守番のメッセージ

お客様に電話した時に
留守番電話になった場合の対応

 

 

留守番電話になった場合
吹き込まずにそのまま電話を切ると
印象が悪くなるでしょう。

 

 

少しの言葉でも良いのでしっかり
留守番電話に用件を
入れる必要があります。

 

 

そうはいうものの
対面でも難しい接客に対して
顔の見えない電話対応から
更に対話できない留守番電話になると
慣れていない場合スムーズに話せません

 

 

 

対話しないと
「え〜っと」や「あ〜」の
合間言葉が多くなります。

 

 

まず意識するのは
この合間の言葉を話さないという
意識する事が大事です。
それが無くなるだけで
聞いている側は聞きやすくなります。

 

 

 

そして簡潔に用件を伝える
留守番電話を聞く時
長くても30秒までしか聞けません
それ以上長く鳴ると
留守番電話は人の心理的に
聞きたくなくなります

 

 

では留守番電話に吹き込む
メッセージ例文はどのようなものか

 

 

 

慣れないうちは紙に書き出す事をお薦めします

 

飲食店では予約状況の連絡が比較的多く
電話して留守番電話に入れるケースの
例文はこんな感じになります。

 

 

最初にお客様の
お名前
何の内容か
予約日時確認の連絡

 

この3つが簡潔にまとまれば
留守番電話でも充分に伝わります。

 

 

フロー的には

 

電話をかける

留守番になる

 

お客様の名前確認
「●●様のお電話でよろしかったでしょうか
○○のクーでございます。」

 

 

何の内容か
「先日ご連絡頂いた時の●月●日18時の
ご予約についてご連絡させていただきました。」

 

「ご予約受け溜まらせていただきますので
他詳細に関しては
また後日こちらからご連絡させていただきます。」

 

「以上簡単ですが用件おつたえさせていただきました。」

 

と留守番電話をふきこむ時の例文になります。
ポイントさえ伝えれば気になるお客様は
必ず連絡をいただけます

 

連絡の来ないお客様は後日お店から連絡する

 

 

 

留守番電話で全て伝えようとすると
情報量が多すぎて聞ききれません。

 

 

あなた自身が留守番電話を聞く立場になって
話す事が一番の上達する手段になります。

スポンサーリンクス

留守番電話の例文関連ページ

電話応対の基本
飲食店での電話対応の基本用語とその対応
電話応対の質を上げる
電話はデリケートで繊細な接客の受け答え
予約電話
お店の要の予約、電話で頂くケースがほとんどでその会話とは

ホーム RSS購読 サイトマップ