電話で接客するコツとポイント

電話応対の基本

電話での話し方とその応対

電話応対の重要性

 

飲食店での接客というのは
必ずしも対面のみではありません。

 

対面の次に多い接客シーンは
電話になります

 

インターネットが普及して
ネット予約というもの増えましたが。

 

まだまだ電話予約は多く
特に貸切や席予約、
パーティーの問い合わせは
必ずといって良いほど電話の応対です。

 

 

対面以上に気を使わないといけないのが
お客様の電話口での要望を聴くということです。
ただ聞くだけでなく、何を問い合わせしたいのか。

 

 

例えば

「食事しながら、身内で簡単な演奏したい」といわれたら。

 

お客様の要望は

「音で他のお客様に迷惑かからないか」
「お店で機材はあるのか」
「演奏するスペースはあるのか」
「できれば貸切できないか」
「準備の時間は料金発生するか」

という事が知りたいことだと思います。

 

それに対して答えるにも、
まずしっかり聴かないことには
受けることができません。

 

そこで働いているお店で
利用できるか可能か、
無理であれば無理ということも
はっきり伝える必要もあります。

 

 

 

この例えはかなり稀なケースでしたが、
ほとんどは何時に席予約の
問い合わせがほとんどです。

 

ですが時間と人数と
お客様の連絡先

 

これはどんな状況であれ
確認と復唱がすべきポイントです。

 

電話は対面以上に
話し方を気をつける事に意識をし、

 

飲食店に限らず電話は
不思議と印象よければ、
その先も良い場所だとイメージするので、

 

対面の接客以上にスキルと
サービス力が必要になります。

   
スポンサーリンクス

電話応対の基本関連ページ

電話応対の質を上げる
電話はデリケートで繊細な接客の受け答え
留守番電話の例文
一人で喋るのですが、対話するように話すと印象がよいです
予約電話
お店の要の予約、電話で頂くケースがほとんどでその会話とは

ホーム RSS購読 サイトマップ