飲食店業界の時代背景からスタイル

知識,知恵

飲食店業界のこと

歴史から、業界の特徴と
業界外から見たイメージというのはあります

 

高度成長期とともに
会社員以外の選択肢も増え
独立する機会やそういう人も増えました。

 

 

その流れから飲食業界の数も増え始め、
多種多様なお店も豊富になり、
日本オリジナルの文化も
出来上がった現代に至ります。

 

 

時代によって飲食店で
働く取り組みや心構えも変わり
イメージも出来上がりました。

 

 

 

その漠然とした中全体像の
飲食業を読み取るカテゴリー

スポンサーリンクス

知識,知恵記事一覧

時代背景

飲食店サービスを知るには、時代背景を知るとイメージしやすい外食産業が一般的利用され産業として大きくなった1970年代から現代に至ります。20世紀は店舗数も少なく、お客様が多い高度成長期の時代、お店を開業すればある程度繁盛し拡大もできた時代です。この時代の飲食店はサービスを今のように重視していませんで...

≫続きを読む

 

働く時時の心構え

飲食店に初めて働くときに何を意識すればいいか何を心構えとして必要なことは一言で言うならば先を読む配慮が必要になってきますお客様に対して先手、先を見越してこうして欲しいという行動をするとお客様はなんて気のきく店員なんだろうと、そこで感動します。その感動は飲食店の料理飲み物お店の雰囲気価格全てが素晴らし...

≫続きを読む

 

イメージ

飲食店の働く内容やイメージはどんなものかというと白鳥のような仕事です。サービス業の飲食店なので、お客様から見える仕事の動きは優雅でなければいけません。ひとたびパントリー、キッチンなどのスタッフ内のエリアに入るとドタバタと慌しく戦場のようです。その慌しさを見せないように、気づかせないように、お客様に非...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ