飲食店業界のイメージ

イメージ

飲食店の仕事のイメージ

飲食店の働く内容や
イメージはどんなものかというと
白鳥のような仕事です。

 

 

サービス業の飲食店なので、
お客様から見える仕事の動きは
優雅でなければいけません。

 

 

ひとたびパントリー、キッチンなどの
スタッフ内のエリアに入ると
ドタバタと慌しく戦場のようです。
その慌しさを見せないように、気づかせないように、

 

 

お客様に非日常の時間を
提供しないといけないので
静かで、冷静な振る舞いを
しないといけません。

 

 

白鳥は水面上は穏やかで優雅ですが
水面下では進む為
足で必死に漕いでいます。

 

 

そんな意味では飲食店の経験値
スキルが向上するたびに
段取り力が強くなり
人を喜ばせることも身につくので
ほとんどの仕事の応用力が身につきます。

 

 

他のイメージとしては
きつい、労働時間が長いなど

 

サービス業は一般的な仕事、
多くの人が働いている人以外の時間に働くので
労働時間の変動は大きく
労働時間の幅も広いのは事実でしょう。

一般事務やその仕事と質が違うという事を
よく理解することで働いたときのギャップ無くなり

 

働く前のイメージと実際働いたときの意識の差で
働き続けるメンタルが変わります。

 

アルバイトの人なら責任などが薄いので
ギャップがあってもそんなに感じないですが

 

社員で世帯主の人や
業界に働き続ける気持ちの人が
このイメージと現実の
ギャップをしっかりと理解しておかないと

スポンサーリンクス

イメージ関連ページ

時代背景
実際の仕事以外の知識ですが知っているとサービス向上します
働く時時の心構え
実際の仕事以外の知識ですが知っているとサービス向上します

ホーム RSS購読 サイトマップ