飲食店業界の歴史からスタイル

時代背景

時代背景を知ると今の飲食店が分かる

飲食店サービスを知るには、時代背景を知るとイメージしやすい

 

外食産業が一般的利用され
産業として大きくなった
1970年代から現代に至ります。

 

 

20世紀は店舗数も少なくお客様が多い高度成長期の時代、
お店を開業すれば
ある程度繁盛し拡大もできた時代です。

 

 

この時代の飲食店はサービスを
今のように重視していませんでした。
ですが21世紀2000年以降は
バブル崩壊時に
経済の大きな変化とともに
飲食業界の仕組みが変わりました

 

 

 

その変化に対応できたお店だけが現在まで生き残り

 

その知恵が受け継がれているお店が老舗となるのです

 

時代に合わせたサービスやマニュアルはあっても、
実際はお客様次第で変化と対応をしていかなければ、
数十年の歴史の中、
飲食業界も変化し淘汰もされました。

 

 

生き残る飲食店はお客様以外にも、
スタッフに対してもサービスを行い運営の管理ならば、
飲食店実務とは別の知識も必要になってきます。

 

 

 

円滑な人間関係が築ければ働くストレスはなく、
良い仕事ができ、結果良い接客につながります。
いろいろな情報と知識が必要な飲食店ですが、
王道で変わらない法則というのもあります。

 

 

これから飲食業界、サービス業界に
アルバイト、正社員で入られるあなたに、
実際働く前と働いた時のちょっとしたコツ、
法則やマニュアル的な知識をシーン別でまとめました。

スポンサーリンクス

時代背景関連ページ

働く時時の心構え
実際の仕事以外の知識ですが知っているとサービス向上します
イメージ
飲食店のイメージ

ホーム RSS購読 サイトマップ