飲食店でのお客様に接する言葉

接客用語のコツ

接客での言葉

飲食店顔ともいえるホールのお仕事になります。
挨拶のアクセントやプラスα付け加えるだけで
接客の好感度が変わります。

 

もっとも基本的挨拶ですが

 

「いらっしゃいませ」

 

「ご注文お伺いします」

 

「ありがとうございました」

 

とあります、飲食店で
一番良く聞く言葉でないでしょうか
そんなよく聞く言葉でも

 

プラスαはこういう風に増やします

 

「いらっしゃいませおはようございます

 

「いらっしゃいませこんにちは

 

「いらっしゃいませこんばんは

 

たったこれだけでも印象は良くなります。

 

 

時間の状態を表し

午前は「おはようございます」
午後から17時ぐらいまで「こんにちは」
17時以降「こんばんは」

 

 

お仕事帰り

「いらっしゃいませお疲れさまです」
少しやり過ぎと思うかもしれませんが
お酒を飲む居酒屋的な飲食店なら
この言葉はマッチングするでしょう。

 

しかもこの時のポイントは

男性のお客様なら女性のスタッフ
逆に女性のお客様なら男性スタッフと

 

最初のお出迎えは
異性の方が印象良くります。
もちろん清潔感を出すことです。

 

 

お客様がお帰りになるときの言葉は

 

「ありがとうございました

 

「ありがとうございま」になり

 

 

このましたますの違いは

 

ました。は一回きり、続かない印象をうけ

 

ます。またお越しくださいませに続いていきます。

 

 

これも時間帯の言葉として

 

朝なら

「ありがとうございます、いってらっしゃいませ」

 

午後なら

「ありがとうございます、またおこしくださいませ」

 

夜なら

「ありがとうございます、お気をつけてお帰りください」など
補足的につけるだけで接客用語は印象良くなります。

 

この内容を見るとそんなことは誰でもわかるような事ですが
シンプルで誰にでもできる事ほど、
実際のお店では行われていないケース多くあります。

 

気配りやおもてなしは
気持ちや意識の違いによるものと、
個人の感性もありますが、
大きくは経験しないと身に使いないのがほとんどです。

 

 

例えるなら

英語の教材で英語を聞き続けていて、
教材上では発音もできたりしても
実際外国の方と話せないのがほとんどです。

 

接客用語は知っていても意味が無い
知識を使うことで完成度、
顧客満足度、店舗繁盛店

 

そしてあなたのスキルになります。
最初は接客用語がしっかりした
店に働くことおすすめします

スポンサーリンクス

接客用語のコツ関連ページ

提供忘れ対策
接客には常に付きまとう出来事を対処する力
注文確認のポイント
注文内容を間違いない為に復唱
お客様に声かけを
挨拶から一言つけるだけで喜ぶコツ
お伺いします
心理的な安心する言葉
少々おまちください
お待ち頂くときにはこの言葉は必要
失礼しました
スタッフの不手際でお客様に不愉快にさせない魔法の言葉
ご遠慮
断るときの言葉選び
「えっ?」に注意
自然に使うから意識して改善する一言
外国語接客対応
外国のお客様に対して通じる魔法の言葉

ホーム RSS購読 サイトマップ