服装で7割は採用が決まる面接コーデ

面接時の服装

飲食店の面接の服装コーデは

飲食業界の面接時の服装って
どこまでかっちりすればいいんでしょうか

 

 

基本スーツでしょ、確かに間違いではないが
リクルートスーツ迄はしなくても

 

じゃカジュアルな服装で大丈夫・・・
万が一面接当日にスーツで来ないとマズイ

 

きっとこんな感じで心の声が聞こえてくるのでは

 

飲食業界に限らず面接時に服装は
結構悩むものです、以前は女性が特に
スカートにするのか、パンツにするのか
選択の余地に悩んでました

 

最近は男性も
黒より紺、黒より濃いグレー
スリーピースなど悩みながら

 

結局は黒いスーツにシングルと
みんな同じになってしまい
他の人との差別化がしにくくなるなど

 

面接にはこんな服装が理想的

 

 

 

ズバリ答えは

 

 

 

面接に行く会社または店の雰囲気に合わせる

 

 

えっそんなこと分かっているよと思ったあなた

 

すみません
イラっとしないでください

 

カテゴリー分けすることが望ましいという事です

 

その前にもう一つ
社員かアルバイトか
新卒年齢が20代か
中途30代以降かでまた変わりますが

 

 

例えばチェーン店の場合

 

牛丼などのチェーンなどで見ると
現場は非常にカジュアルなので
つい服装がカジュアルと思いがちですが
面接場所は本社や営業所のケースもあるので
ここは堅実にスーツでネクタイなどのポイントは
少し派手で行くのが良いでしょう

 

特に新卒の方対象の面接だと
応募者が多いので良い意味で印象に残りたい
そこでネクタイがポインントになります
少しだけ勇気を出してネクタイをポイントで
コーディネートしてみたはいいかがでしょうか。

 

 

個人経営風な小洒落たお店の場合

このケースはお店の雰囲気にとても左右するので
上級者的に合わしていくとスーツではなく
アンサンブル的にセットアップ的に

 

どういうコーディネートかというと
ジャケットとベストを同色同素材
パンンだけ少し違うなど

 

シャツとボトムは同系色にし
ジャケットは少しだけ違う

 

スーツのようなスーツでないような
この絶妙な崩しがお店の雰囲気とマッチすると
印象は残りやすいでしょう

 

このように状況に応じて服装を変える法則を活用すると
面接での服装を悩まずにすむでしょう

 

参考になったと思われたらシェアお願いします。

スポンサーリンクス

面接時の服装関連ページ

求人を見つける
情報誌から店頭の募集要項を良く観ましょう
面接準備
自分にあったお店はどんなお店か気付くポイント
面接のコツ
面接はなにが効果的でしょうか
履歴書
面接は対面の印象、履歴書は書類の印象
時給給料重要
志望動機1位2位上位を争うの条件
志望動機
志望動機は意外に曖昧でもよい場合はある

ホーム RSS購読 サイトマップ