声をかけるすれ違う時必要

声かける時のコツ

飲食店で仕事する時にはホールにしろ、
キッチンにしろすれ違うときは声をかけるのが鉄則です。
例えばカウンターで配膳品をセッティングしている人の後ろを通る時は
必ず「後ろ通ります」の一声をかけないといけません。

 

ホールでのケース

こういうケースは配膳品の配膳する瞬間に人と当たると
料理を落としてしまいます、落とすだけならまだ作ればいいのですが、
それによって怪我、熱い汁物の料理の場合は
スタッフに当たると火傷をしてしまいます。

 

更に最悪なケースはホールまで運びお客様の近くでこういう事がおきて、
万が一お客様にでもかかれば、営業停止処分にもなりかねないです。

 

 

キッチンでのケース

そのシーンはキッチンでは包丁と炒めたての鍋を持つ時に注意したいものです。
特に包丁は「包丁通ります」必ず言わないといけない一言です。
これば習慣になると仕事の効率にもつながります。

 

 

声をかけるという行為全般は相手に伝えることにつながるので
飲食店にとっては必須な出来事です。

 

声かけは面倒だったり、最初慣れないうちは恥ずかしいと思うものですが、
声を発することによりお店の活気も感じられ、
声掛けの1つとして注文をキッチン対しオーダーを通す時に
復唱でオーダーすれば間違いも少なくなります。

スポンサーリンクス
page top