食中毒対策の知識と条件は湿度と温度

食中毒を起こしやすい条件を知る

食中毒の予防と対策、日本特有の四季があり、
その6月の梅雨時というのが食品、特に生ものを扱う時
かなり注意をしなければいけません。

 

食中毒の原因として「細菌」と「ウイルス」
この原因となる2つの好む季節が6〜8月で特に6月は好条件

 

細菌もウイルスも目には見えない小さなもので目に
見えない分注意が必要にそれは温度と湿度

 

 

食中毒要注意

温度湿度計

食中毒予防

食品用の温度計湿度計が専門であるように
ある一定の条件で食べ物の中で増殖します。

 

その他にも食べることにより、体内で増殖し食中毒を引き起す場合もあり、
基礎知識は身につけておかないいけません。

 

その為に調理師免許よりも、国が定めた
食品衛生管理者と申請がなければ飲食店が営業できません。

 

 

細菌の代表的なものは、
腸管出血性大腸菌 O157、O111や、カンピロバクター、サルモネラ菌などです。
ここあたりは有名なので耳にした事はあるとおもいます。

 

食中毒になってしまうと症状が色々ありますが、よくみられるのは、
下痢と嘔吐で発熱などもあり、
なってしまってからでは大変です。
是非予防を進んでしていかないといけません。

スポンサーリンクス
page top