衛生管理につながる食品表示その見方

食品表示

食品表示の見方

以前千代田区役所で開催した
「食品表示の見方」というセミナーに行きました。

 

食品表示は知ってるようで知らないもので、
詳しく知ると「なるほど」となかなか知識がつきます。
飲食店で働く上で食材を仕入れて管理するには
必須の出来事になります

 

 

管理人「くう」は健康関連の仕事をしてたので
表示や成分自体に基礎知識あり、
6割ぐらいは理解し知ってましたが改め確認した内容で
特にこの食品表示の見方のは
消費期限と賞味期限について書いてあります。

消費期限と賞味期限の違い

その似ているようで全然違う
「消費期限」と「賞味期限」、

 

消費期限は記載日時過ぎると食べるのは不可能、
賞味期限はあくまで味の保障で過ぎても食べれる。

 

知ってるようで知らない違いです、理解すると
判断が広がります、その情報を受けて実感したこともありました、

 

食品表示を理解するのは
飲食店で働くにある意味必須な知識ともいえます

 

表示もあわせて「臭い」と「味」を
自分の五感を確かめて判断するのもそれも必須でしょう。

表示については誰が決めていったのか
その背景としては国の法律が決めました。
多く存在する飲食店で食中毒などを未然に防ぐ為に
決められたルールになります。

 

本来はその安全で定められた内容に基づいて
食品管理されるわけです。

スポンサーリンクス

食品表示関連ページ

ダスターの分別
色分けする事で使い勝手が良い
食中毒要注意
お客様の安全と店の安泰
ねずみの対策
飲食店をするならば避けては通れない課題
衛生とマスク
マスクの着用が定着

ホーム RSS購読 サイトマップ