管理人「くう」の飲食店で仕事を素早くこなすウェブマニュアル

ながらの効率

ながら効率の必要性

ながら効率
料理の仕込みを始め、素早くする段取りは
「ながら」が重要です。

 

 

日本の教育上ではひとつのことを
きっちりとと言う教え方が中心で
「ながら」というのは
悪的な存在に感じられますが、

 

業界限らず実際の仕事、
特に飲食店には言えるのは
「ながら」の作業こそが
効率良くできる秘訣でもあります。

 

 

しかしここでひとつの事を集中して、
教育として教えられている事にも該当する

 

集中し基礎を覚えた後に
「ながら」で応用するということ。

 

 

一つ一つの作業を考えると
他の記事である食器の洗い方に該当する、
水が洗ってくれるように
仕込みや作業をするのに途中で
必ず中断する必要のある作業が出てきます。

 

 

その場合その1つが終わっていないのですが、
途中で次の新しい作業を同時進行ですすめると
同じ時間内に複数の仕事を終えることができます。

 

この「ながら」は注意しておかないといけないのは、
同時進行で作業を進めていることは
頭の中で各作業の進行状況を
把握しておかないといけないことです。

 

 

 

例えば
煮物を作っている場合、落とし蓋をしてから、
数分は弱火で置かないといけない場合
その待ち時間の感覚を頭の片隅に
覚えておく必要になります、
勿論タイマーなど使用して
対応するものいいでしょう。

 

慣れてくるとその感覚がわかり始めるので、
作業を効率良くするには
「ながら」がキーポイントになります。

スポンサーリンクス

ながらの効率関連ページ

できる人できない人
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
効率的な動きの秘密
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ