子連れで利用できるお店は貴重なお店

子連れで利用できる

子供と一緒に利用できるお店はこれだ

子連れで行けて尚且つオシャレで
料理の味も良いレストランに行きたいです。

 

現在4歳になる子どもがいるのですが、
やはりオシャレなレストランなどは
なかなか子どもを連れて行きづらいです。

 

レストランにキッズスペースなどが
併設してあるようなお店は最高だと思います。

 

もちろん最近は子連れ歓迎のお店もあり、
キッズスペースがあるお店もたくさんあるのですが、
やはり数がとても少ないですし、
なかなかそういったお店にオシャレ感を求めるのも難しいです。

 

 

子どもが産まれると
なかなかコース料理を食べる機会もなくなります。

 

一番の理想のお店は田舎風のフレンチを
ちょっとしたコースで出してくれ、

 

子どもを連れて行っても
全く気にならないようなレストランです。

 

値段は少し高くても良いので
料理の見た目や味がおいしいお店がいいです。
子どもが3歳くらいになったら
一緒に食べれるように
子ども向けの料理が提供されているのも重要です。

 

コースは例えば前菜、スープ、バゲット、
お肉料理かお魚、パスタ、デザート、
食後のコーヒーだと最高です。

 

 

こういったコースはやはり食べ終わるまで
少し時間がかかってしまうのでどうしても
キッズスペースは必要なのです。

 

 

世の中の子供をお持ちの人は結構求めていると感じます。
だってママ友はほとんど同じようなお店が無いか
日々探しあっているので。

現実的に求められている

昔と違い、今は子供がいても外食したいというのはあります。
ドラマの問題のあるレストランの子連れでレストランを断られた人たちが
こぞって真木よう子のレストランに行き、ほとんどが2〜5歳の子連れで
そのドラマのすばらしい設定は、その子供たちを一時預かりし、
夫婦だけ飲食し新婚気分を味わえた話がありました。

 

ドラマで脚色してありますが、子連れのお客様の真理としては
本質を突いていると感じます。
子供が遊べるお店がこれからより必要とされるでしょうね。

スポンサーリンクス

子連れで利用できる関連ページ

接客の良いお店
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
お客様の心つかむ店
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
非日常を求める
飲食店やお店の来店される理由の一つとして非日常の感覚を求めに来られます。
バイキング
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
アットホーム
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
重要です料理の提供時間
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
優れている店
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
豊富なメニュー
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
プチプラ
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
国産の食材
働き初めてから、慣れた頃には何をする必要がある

ホーム RSS購読 サイトマップ