バイキングならこんなお店に行きたい

バイキング

バイキングはこうありたい

バイキングサービス、
食べ放題のお店はありますし、
フリードリンクのお店もあります。

 

 

しかし、いつも思うのは、
健康志向のバイキングスタイルのレストランはあっても、

 

バイキングであるために、

 

お腹にいかに詰め込もうかと

 

思うこと自体、あまり健康的だとは思えないと言うことです。

 

 

メインを選んで、あとはレストラン内の
どの料理も時間内、食べ放題、
というお店に行った時感じたのは、

 

 

せっかく、健康志向を打ち出していて、
今の時流にあっているのだから、

 

まず価格の設定が何段階かされていて、
その中で料理を選べるようになっていれば
良いのにということです。

 

あまり食べられないのに、
価格だけは設定されていると食べる人だけが得をする
その現象がおなかに詰め込み事にもつながり
本当にの意味でバイキングを楽しめないのでは。。

 

 

それならば選ぶことが出来て、その価格の中で、
料理をチョイスできるレストランだと気軽に行けるので嬉しいです。

 

 

健康料理であること、無理なくおいしくいただけること、
価格と料理の量や質が釣り合っていること、選べる事、

 

 

私は以前からこういうスタイルのレストランがあったら
良いなと思ってしましたし、もし自分がするのなら、
そういうお店にすると思います。
あまり量が食べられないけれど、健康志向の人は多いですから。

バイキングビッフェスタイルの見直し

今まで食べ放題でいろんな種類が
食べれることに楽しみがあったバイキングスタイル

 

年々その楽しむ求められ方というのは変わり始め。
このお客様の声や本音からもあるように

 

一品料理があり、その他は食べ放題というのは、
よりニーズに応えるスタイルになり。

 

 

近年実際のメインは3段階から7段階あり、
その他のサラダやスープは食べ放題のような

 

メイン1000〜3000円、食べ放題1480円のような
複合的なスタイルのお店が増えてきました。

 

時代にあったニーズに応える店がますます増えそうです。

スポンサーリンクス

バイキング関連ページ

接客の良いお店
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
お客様の心つかむ店
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
非日常を求める
飲食店やお店の来店される理由の一つとして非日常の感覚を求めに来られます。
アットホーム
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
重要です料理の提供時間
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
子連れで利用できる
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
優れている店
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
豊富なメニュー
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
プチプラ
フード、ドリンク業界の現場で応用できる方法紹介
国産の食材
働き初めてから、慣れた頃には何をする必要がある

ホーム RSS購読 サイトマップ