たかがテーブル拭きされどテーブル拭き

テーブルの拭き方には秘密があった。

テーブルの拭く事を優先しましょう。

テーブルを拭く時の方法

 

そんな拭くことに方法などあるのかと思われますが、
あるポイントを押さえないと、
お客様が不愉快さを感じるところがあります。
テーブルの見える面だけではなく
見えない部分を意識して拭くということです。

 

ではどの部分か縁や横の側面と下側になります。
更にイスの背もたれ部分。

 

まずテーブルの側面ですがテーブルで飲み残しこぼしが流れ
そのまま放置され甘いドリンクなど粘りが出て
半乾きの感触は最悪です。
ここはかなり意識して拭く必要があります。
テーブルの拭き方には秘密があった。

 

それに似た現象がイスです。お客様が座る時、
テーブルまたはイスは必ず持ち、そのケースは非常に多く、
持った瞬間ドリンクや料理のタレなど拭き残しがあった場合
手にその感触があると、かなり不快に感じる事ではないでしょうか
テーブルの側面、縁はそういう場所になります。
テーブルの拭き方には秘密があった。

 

 

テーブルの見えない、ポイントを意識して清掃をしているお店と、
していないお店での違いは長期的なスパンで影響が出てます、

 

お客様は1、2回の利用では分からないももの3、4回定期的に来店された場合。
清掃のポイント、拭き残しがある場合はお客様が感じとる回数も多くなり、
そこで拭き残しに触れれば、それだけでお客様が来店されなくなる恐れもあり、
小さいことですがこのポイントを押さえているお店は
リピーターが増え自然と繁盛店へ、
スタッフも意識するポイントが違うので
プロフェッショナルな人も多く働いているといえるでしょう。

 

あなたはスキルアップの為にアルバイトなり、
社員としも働く環境としてはとても良い要素と言えます。

 

更にはスタッフ間では清掃意識が高まり
お客さんにとっては快適なお店の空間になるで
リピーターにつながりといわれる一つの要因になるでしょう。

スポンサーリンクス

テーブルの拭き方には秘密があった。関連ページ

皿回収の方法
片付け方、収納は芸術であり、スピードである
洗い場食器置き
配置や置き方によってお皿の洗い方はかなり簡単にできる初心者向き
往復時間を短縮するホール動線
1 WAY→3 JOB 1往復に3つ以上の仕事をこなす

ホーム RSS購読 サイトマップ