働き始めのシフトのコツ

働き始めのシフト

働きはじめは仕事を覚える事と場所に慣れる為、
働き初め人は、時間の融通はお店に合わせる事と
最初は間を開けない、連続して入るシフト構成が良い。

 

 

時間の融通はお店に合わせるというのは、
お店の人もある程度この期間や時間帯の中で覚えてほしい、
または覚えやすいと予測してシフトを組みます。

 

なのでシフト希望は条件は最初に伝えておき、
「覚える為に最初に2週間はこの時間も入れます」というような内容を
伝えたりすると、お店の人に印象も良く、シフト組んでもらいやすくなります。

 

もう一つは間を開けず連続してシフトに入る。
飲食店に限らずほとんどの業界、業種に言える事ですが、
忘れない為に連続するのです、
人間は忘れていく生き物で
、覚える習慣になっていいないと、
あっと言う間に忘れてしまいます。

 

 

 

この様に働き始め
一気まとめて集中しお店に入るとこで、
習うより慣れろ的な体で覚えてしまうので
最初のシフトは希望より多めに
働く予定を入れておくほうがよいでしょう。

スポンサーリンクス
page top