飲食店で働く時に自分で準備できることがあります

働く前に準備する

飲食店で初めて仕事をする時の準備

飲食店で初めて仕事をする時に
仕事がスムーズに出来るかなと
不安を抱くと思います。

 

少しでも不安を解消し
即戦力になるためには
仕事を早く覚える。

 

厳密にいうと
働くお店のルールを覚えるという事です。

 

そのルールを早く覚えるためには
働く初日にどうすればよいか、

 

何も持たないのは
少し不安になると思うので、

 

お店側から準備する
指定あるものとは別に

 

 

あなた自身が準備出来るのは「メモ帳をもつ」という事です。

 

一口にメモ帳と言っても
様々な物がありますが

 

この場合はボケットに入るサイズの
メモ帳を用意しておくといいでしょう。

 

なぜメモ長を持つか、
もちろん教えてもらうときに忘れない為です。

 

教えてもらう時のメモとしての準備ですが、
実際書く時はできれば
教えてもらう先輩スタッフの人が

 

説明している時は
メモを取らずにアドバイスを聞く様にしましょう。

 

説明が終わり、教えてもらう
次の場所に移動する間に
ポイントのメモをとります。

 

一言一九(いちごんいっく)全ては無理なので、
「白いお皿は右の、上段に縦て置いてください」
説明していただいたらメモの取り方としては
「白」「お皿」「右」「上段」「縦」と記入すれば
それだけでも充分思い出せます。

 

このメモを随時とることを行い
仕事中以外の時間、
例えば帰りの電車

 

寝る前などメモを取り出し
思い出す作業が多いと

 

職場のシステムが
すぐに身につくでしょう。

 

 

記憶に残ると習慣化しやすい事と、
手を動かさないで聞くよりも
手を動かして覚えるほうが
人の頭は記憶に残り
脳が活性化しやすいので

 

最初の1カ月はメモを
繰り返し見る事をお薦めします。

 

   

働く前に準備する関連ページ

最初に覚える事
初めての仕事でもすぐにできる仕事はコレ
シフトのコツ
勤務時間を有効的にシフトを調整する方法
接客は笑顔
基本中の基本それは人と人のつながりに必要なスキル

ホーム RSS購読 サイトマップ