仕事ができない人の共通点とできる人の共通点

できる人の共通点

飲食店の仕事ができる人とできない人

研修も終え仕事にも慣れはじめて、
一通りの作業がこなせるようになり
ある程度職場で落ち着いたとき、
お店からすると初めてそこから人材の利益が埋めれます。

 

そういう意味ではこの段階からが本当に働いたお店にとって
仕事ができる人かできない人かが分かれます。

 

 

そこでその違いを比較してみましょう

仕事ができない人のパターン

過去の働いていたと所の比較をする

 

この内容は過去の良かった所を比較します
今働いているところに何らかの違和感や不満を感じ始め
過去働いていたところの比較をします。

 

これはできない人のもっとも典型的なパターンかもしれません。

 

なぜなら過去良かったところと比較するなら
なぜ過去働いていた職場を退職したのでしょうか?

 

「人件費の関係でシフトを減らされた。」
「以前の職場はマンネリ化し飽きたから」
「家庭の事情で時間が働ける時間が少なくなったから」

 

など色々な理由があり退職し新しい職場を探した

 

しかし良く考えてください。

 

人件費で削られたとありますが、これはお店が必要とする人材なら
削りません。

 

職場がマンネリ化、働いているあなたが言われたことだけしているから
マンネリになりませんか?

 

家庭の事情で・・・本当に働きたければ、お店の人に相談すればいいでしょう。
現代は産休と長期な休み明けも復旧できるシステムも社会的には浸透しています。

 

 

そう考えると、仕事ができる人は全く逆です

仕事ができる人のポイントは

以前の職場以前の職場
今の職場今の職場と切り替えができています
お店も違えばシステムも違うわけですから
過去と比較しても比較対象にならないので
そんな無駄なことはしません。

 

 

必要とされる人材になるので、
シフトが削られることはほとんどありません。
むしろ「社員になってくれ」といわれることが多いです

 

マンネリ化は仕事できる人は自分で仕事を創造するので
新しい提案したり、新しいメニューを開発します。

 

家庭の事情必要とされるなら
お店のほうから都合をあわせてくれます。
もしくは「またいつでも戻ってきて」など言われます。

できる人できない人の違いとは

 

簡単に言うと全ての仕事に通じますが
言い訳や愚痴を言うか言わないか
この言葉を発するだけで働くあなたの印象や
持ってくるものは違ってきます。

スポンサーリンクス

できる人の共通点関連ページ

遅刻しないコツ
遅刻してしまうのはある法則があります
仕事に慣れてくる
職場の雰囲気にも慣れ始め、別の意識も持ち始める時期
ルーテインワークの先に
飲食店の仕事に慣れて、流れが分かりだした時に初めて自分の仕事が始まる
仕事を探す
スキルアップする為に必ず必要な意識の持ち方

ホーム RSS購読 サイトマップ