お店の顔とも言うべき看板

看板

お店の入るきっかけの重要な物看板

看板それはお店の入るまでにお客様が必ず見るもの

 

看板を見ないで入るお客様は全く100%いません、

 

それが常連でいきつけのお客様であっても

 

本日のメニューの看板であったり、必ず目を通します。

 

飲食店で代表的な看板は固定式のお店の看板

 

これはお店の名前やジャンル名が記載してあるもの

 

日々変わるメニュー、告知看板
お客様はこちらの告知看板を見て入ってきます。

 

告知看板の代表的な物はブラックボードの
ホワイトマーカーに手書きが多く見られ

 

最近の流行ではチョークアートといわれる看板も、
看板という枠を超えてカルチャースクールができるぐらい
手書きの看板がお客様にとって魅力的なものになりました。

 

 

そんな看板はどのように店頭に置き魅せていくかで
お客様の入店率は変わってきます。

 

管理人「くう」はいつも看板類、告知類を置く時に
気をつけているのは「違和感を出す」という事です。

 

どんな違和感かというと

店の外壁や景色と同化しない様に配置するということ。

 

多くの飲食店のスタッフがやってしまうことは
綺麗に置く、邪魔にならないように置く
これをしてしまいます。

 

しかしよく考えてください、
邪魔にならないということは、
目に留まらないという事になりませんか

 

目に留まらないとなると看板自体の意味がなくなります
看板は字のごとく「看る板」なので
看る置き方を意識してみたください。

看板必要な物

スポンサーリンクス

看板関連ページ

手渡しのチラシ
チラシの効果は時代によって効果のある時代があります
告知のポイント
お店を知ってもらう為にする活動
ポイントカード
お店の特典を知ってもらう方法

ホーム RSS購読 サイトマップ