ポイントカードはお店の名刺的な存在でもある

ポイントカード

リピータになる為の一つの手段としては効果はあります

ポイントカードの効果はどれぐらい

 

はっきり言うと効果はありますが
絶大ではありません、いや1割以下は絶大で
5割はやんわり、後は捨てられます。
それが現実的なポイントカードの実情ともいえます。

ポイントカードの好印象をもつ渡し方のコツ

ポイントのカードの条件によりますが
管理人「くう」のお店の条件はこんな感じです

 

無期限であること
400円単位
ポイントが溜まるとドリンク無料とフード半額

 

という内容を伝える必要があるとき。

 

こういう風に渡しています

まず会計で清算をしてからポイントカードを案内し始めます

 

第一声が
「ポイントカードお持ちですか」

 

お客様:「いいえ」

 

管理人くう:「おつくりしましょうか」

 

お客様:「おねがいします」

 

 

 

管理人くう:

 

「こちらのカード400円ご利用ごとに一つのスタンプが押され、
溜まりますとドリンク無料やフード半額になります。」
「無期限ですのでいつでもご利用ください」

 

 

とここで分かるように無期限というのが一番のポイントでしょう。
これを強調して伝えるとお客様は不思議と喜ばれます。

 

このポイントカードを渡すときに
あせらずにじっくり説明する方がリピーターにつながりすくなり、
管理人「くう」はランチの時間にあえて強く意識してポイントカードの
配布をしています。

 

忙しい時ほどお客様に対してきっちり説明したほうが
よりポイントカードのリピート効果は高いでしょう。

 

お客様に対してしっかりメリットを伝えることができれば
それは好印象の接客にもつながります。

スポンサーリンクス

ポイントカード関連ページ

手渡しのチラシ
チラシの効果は時代によって効果のある時代があります
看板
お店を入る時に必ず見る物
告知のポイント
お店を知ってもらう為にする活動

ホーム RSS購読 サイトマップ