宣伝方法のアナログな手段で効果あり

手渡しのチラシ

チラシの効果

ビラ、チラシの手配り
アナログ、手渡しの広告になります

 

ネットの社会が主流になりながらも
紙媒体のチラシはロスは多いのですが
その効果はあります、その理由として
受け取る人になじみやすいからです

 

なんだかんだいいながら、人間自体はアナログなので
アナログな媒体は歴史上なくならず、効果もでます。

 

 

しかし

 

渡し方もコツがあるます

 

チラシだからと言って、ただなんとなく渡すだけでは
人通りが多いところでも受け取ってくれません。

 

ではどのようにすればいいか
手段は色々ありますが、
ここでは代表的な2つの方法を紹介します。

 

 

どのようなサービスか具体的に声で伝え理解されると受け取る

1つ目はチラシの内容の一部を声にしてアピールする
例えば「ワンコインランチ」のチラシならば
そのままタイトルで伝わるならば
「ワンコインランチのチラシです」といえばこれは伝わりやすです。
ワンコイン=500円ランチと連想します。

 

 

更に受け取ってもらう確率を上げるには

 

例えば

 

「ステーキのワンコインランチです」と

 

インパクトある料理なら声を発して伝えるべきです。

 

ステーキ=高いがワンコイン=手軽

 

 

連想は手軽にステーキが食べれる
興味がわく、情報を知りたい、チラシを手にしてみよう。
という流れになります。

 

その情報を確認して、得すると感じたなら足を運びます。
なのでこの方法は即効性を求めるシーンの
チラシを意識するといいでしょう。

 

顔の表情で印象が変わる微笑みながら渡す

2つ目は笑顔で渡す

 

これは言葉だけなら随分と簡単で
そんな事する必要が無いと思わせるぐらい
シンプルな方法ですが、実際に街頭のチラシを
配っている人の表情を確認してみてください。

 

笑顔の人を探すのが難しいくらい、日本人は特に笑顔がないです。

 

本人は笑顔をしているつもりなのです。

 

最初は笑顔でもチラシを受けとらない人がいると、
配るあなたは、少しへこみます。

 

また受け取ってくれない人がいました。また少しへこみます。
最初の時に比べると無表情になっていき

 

ただ渡すだけの人になってしまします。

 

 

ある意味修行です、メンタルを必要としますが
これは1回だけでなく、通勤、通学で受け取る人が
「あっ!あの人今日も配っている」と思わせるぐらい
定期的に笑顔で配ります1つ目の即効性ではく

 

お店を知ってもらうためのPR広告になり時間と労力と
継続力がとても重要ですが、街頭でスタッフの印象を
受け取りやすいので、店に来店されたときのギャップが少なくなり
比較的常連さんになりやすいケースです。

時代と共に

手渡しも重要ですが時代と共にインターネットの広告というのは
欠かせなくなってきています。

 

それはホームページやそれができない人は
インターネットの広告を利用するなど広告の種類は様々です。

ホームページは簡単にできる

スポンサーリンクス

手渡しのチラシ関連ページ

看板
お店を入る時に必ず見る物
告知のポイント
お店を知ってもらう為にする活動
ポイントカード
お店の特典を知ってもらう方法

ホーム RSS購読 サイトマップ