お釣りの渡し方でサービスの違いが出る渡し方のコツ

お釣りの渡し方

レジの清算での接客サービス

お釣りを渡すときのポイント

 

接客業のほとんどに使えるサービスです、
支払いを頂き、お釣りを返す時
お客様に数える必要のない
渡し方と丁寧な印象を与える
渡し方があります。
言われるとわかるのですが、
案外されていない方法になります。

 

 

 

その渡し方はどうするかの前に

 

数える必要のないお金の見せ方は
お札なら扇子みたいに広げるお釣りの返却法で

 

硬貨なら手のひらに横に少しスライドさせて
一目みて何枚あるか全体を観てもらう並べ方です。

 

これはレジで数える手間を省いてます、
1渡す時にスタッフは一度数える
お客様の手元でお客様自身が1度数え
2回数えるケースが多くなります。

 

 

この数える時間はレジでの場合結構時間を要します。
それをまず2回のところを1
回にして1枚1枚数える事をさけると
レジの処理がイメージよりかなりはやく終わります。

 

そうすることで次のお客様の少しの時間ですが待たずにすみ
支払うお客様は数える手間が省けます。

 

 

そして先ほどの内容の渡し方ですが
そえ手をしっかりするという事、落ちる事はほとんどないにしろ
これはサービスの印象の方が強く感じますし
実際サービスの為に行う行動です
基本中の基本の内容ですが、
案外していないお店の多いと思います。

 

お釣りの渡し方

 

お客様の心理的には
「万が一硬貨が落ちてもお店の人が何とかしてくれる」
と感じますが、それは心理的なサービスにつながります。

 

お客様からすると、
万が一自分がお金の硬貨を落としてしまったら
そえ手があると断然嬉しいです。
そのお金を渡すもう一つの手はサービスにかかわる手となるでしょう。

スポンサーリンクス

お釣りの渡し方関連ページ

会計時のポイント
清算時の接客ポイント、帰りよければ満足度が高い
レジ付近の物販
レジはお客様が長く立ち止まる場所、その時なにをする
レジの接客用語
お金を渡す時、案内を渡す時の言葉
お見送り
お見送りのコツ

ホーム RSS購読 サイトマップ