効率よく片付は大から小

食器の食品を効率よく片付る

調理器具や食器を手際よく片づけ

食器の片付けは
大きいものから小さいものに移すのは
仕事の効率をよくする1つの手段です。

 

お店の業務用ともなると
家庭の料理や食器と違い、
20名とか50名と
作る量が半端なくあり

 

準備はもちろんのこと
準備する時点から片付け
まとめる作業が必要とします

 

 

 

 

食器の置く場所から収納も考える
できればお店開業でつくりの時に
良く考えられているといいのですが
実際はなかなかそうもいきませんし
続けると変化していくことがほとんど

 

 

そんな中でも必ずおさえておきたい
効率のよい片づけ方は
大きい鍋で作った料理で
ランチやディナーなど
ピークタイムが過ぎると

 

鍋のやお皿に入っていた
食材も少なくなるので
大きい鍋に入れておく必要性がなくなります
そうの場合は大きな鍋やフライパン
お皿バットなど保管して
置く場所の邪魔になってきて

 

お味噌汁やスープを鍋保管して
再度温め続ける料理で保温するのに
ガス代など光熱費が非効率になります。

 

 

 

その時仕事をスムーズにするには
適材の量に対して調理器具、鍋など
大きさを小さいものに移し変える
移し替えて空になった鍋は洗えば
閉店後の片付けもスムーズで
簡単に終われます

 

 

小さい物に移し替えると
持ち運びや鍋ごと
直接冷蔵庫の保存できたり
スタッキング重ねて
収納もできるので省エネスペース

 

お店に限らず、家庭のキッチンでも同じようなことが言えるでしょう。
さらにその先に大きな鍋に翌日の仕込みを既に準備する、
仕事の効率は最大限に無駄を省くことからよりプロの仕事に近づくでしょう。

スポンサーリンクス

食器の食品を効率よく片付る関連ページ

衛生的な清掃
皿洗い 流し込み編
お皿を効率的に洗う方法
皿洗いのコツ 選ぶ皿
皿洗いしながら、片付ける
お皿を積み上げる
お皿を割る率
お皿を割らない方法はあります
汚れがひどいこびり付き
すべての飲食店で必ずある工程が皿洗い極めると芸術的に作業が早くなる
手が荒れる悩みの対策
どうして水仕事は離せない飲食業界手が荒れてしまうのを未然に防ぐ方法

ホーム RSS購読 サイトマップ