皿洗いどの食器から手をつけるのが良いか

皿洗いのコツ 選ぶ皿

皿洗いはどの皿からとりかかる

複数の食器が一気に回収され、どこから手をつけていいか迷います。
その時に優先することは作業しやすく早くするこの2点にポイントをしぼります。

 

作業しやすくするには

 

シンプルに場所(スペース)を作るということです。
この下の画像を見ていただいたて、あなたは片づけるのにどれから取り掛かりますか?
皿洗いのコツ 選ぶ皿

 

 

 

答えは次の下の画像を見てください。
皿洗いのコツ 選ぶ皿
気付かれましたか?取り掛かったのは2つの食器だけです。
写真でもわかるように、この2つだけでも充分にスペースができます。

 

洗いものをしている時、つい使用しているものや
洗いやすい物から取りかかりますが、
すぐ必要な緊急を除けば、大きい場所をとるものから
片づける、洗う方が効率的です。

 

 

回収されたお皿の場合

シンクに置く前に一時置き場所でホールからバッシングされて戻ってきた数種類のお皿とキッチンで使用していたバットなど
皿洗いのコツ 選ぶ皿

 

 

目にも止まっていた、キッチンのバットこれが無くなれば置き場所は一気に増えます。
皿洗いのコツ 選ぶ皿

 

 

次は奥の高さもある木のボール皿、高さがあることは立体的にも場所をとるので、できるだけ早く回収と片づけをすると良いでしょう。
皿洗いのコツ 選ぶ皿

 

次に大き目のお皿
皿洗いのコツ 選ぶ皿
3点無くなるだけでもこのように変化しスペースはかなり広くなります。

 

場所が作られる事は、作業がしやすくなる、作業がしやすくなると、スピードが速くなる
結果皿洗いが速くなるということです。

スポンサーリンクス

皿洗いのコツ 選ぶ皿関連ページ

食器の食品を効率よく片付る
並べ整理しながら片付ける
衛生的な清掃
皿洗い 流し込み編
お皿を効率的に洗う方法
お皿を積み上げる
お皿を割る率
お皿を割らない方法はあります
汚れがひどいこびり付き
すべての飲食店で必ずある工程が皿洗い極めると芸術的に作業が早くなる
手が荒れる悩みの対策
どうして水仕事は離せない飲食業界手が荒れてしまうのを未然に防ぐ方法

ホーム RSS購読 サイトマップ