飲食店で最初に暗記しないといけないのがメニュー

メニューを覚えるコツ

メニューを素早く覚えるには秘密があった

メニューを覚える時のコツ。
ホールで注文仕事になるときに困るのが、
料理を覚えていない事で知らないことで、
「ちゃんとできるだろうか」「間違えないだろうか」
という不安に駆られます。

 

最近は電子レジスター導入店舗も多く
メニューを覚えなくても、
ボタンを押すだけであまり問題はないのですが、
メニューを覚えることによって、

 

ホールは料理を提供するタイミングの調整や、
接客時のお客様に満足いく料理の提供。
またはお客様に「お任せします」といわれた時に
組み合わせのサービスすることができます。

 

そこで結果メニューを覚えることで早く仕事の効率も良く、
働くあなた自身の不安が少なくなります。

 

 

ではメニューの覚える方法はどうすればいいか?

コツとしては2種類あります。

 

キッチンでのお皿洗い、仕込みや段取りを経験してか
らホールの料理を覚える方法。
これはそのままですが、料理を準備、または作ることで
メニュー自体を覚えてしまいます。

 

細やかな違いや提供時にどのように提供すれば見栄えし、
お客様に「おいしそう〜」といっていただけるかまで理解しやすくなります。
しかしこのタイプの覚え方は、お店のオーナー、店長が
ポジション指定したときでないと実行に移しにくいです

 

 

あなた自身は1人で可能で素早く覚える方法としては

 

お店のメニューをタイプのカテゴリー別に丸ごと暗記することです。

 

1つ目は素材別

食べ物なら野菜、魚、鶏肉、豚肉、牛肉、デザート

 

2つ目は味付け別

塩、醤油、味噌、辛い

 

この2つで覚えると
鶏肉+塩
鶏肉+味噌

 

組み合わせであの料理はこのメニューだとイメージしやすくなります。
居酒屋などでかなりの種類のメニューがあるときはこの方法が効果的で、
素材の値段相場を理解すれば更に覚えるというより忘れません。
近くのスーパーに行き肉の値段をみると安い順で
大体鶏肉、豚肉、牛肉で、メニューを見直しても、この順番で値段が決まります。

 

 

応用するとカフェでコーヒーアレンジメニューが豊富にある場合も対応できます。

1つはコーヒーの種類

エスプレッソベース
コーヒードリップベース

 

+ミルク 有 無

 

2つ目にアレンジベース

チョコレートシロップ
ハニー
ホイップ

 

この内容を合わせて
エスプレッソベース+フォームミルク+チョコレートシロップ
=カフェモカ

 

という風に考えれば、メニューと同時にレシピも覚え、
あなた自身が作る際にも比較的違和感なく頭に入ります。

 

その他に金額を覚えるもの、各お店の特徴あり、

 

280円、380円 「8」の数字使う事が好きなお店もあれば

 

250円、350円 「5」の数字を好むお店もあります。

 

このように全体が分かれば、
この場合200、百の位だけを覚えれば、
大きな間違いは解消でき、メニューと組み合わせて
更に覚えやすくなると思います。

 

あとはあなたが覚える時間を意識を設ければ
メニューを覚えるのに大きな苦労は無いでしょう。

スポンサーリンクス

メニューを覚えるコツ関連ページ

早く覚えるポイント
覚えるポイントは勉強、遊び、仕事すべて基本がある
提供の基本
配膳方法のサービスにはコツがあります
兼任業務
どれぐらい複数の仕事を同時進行でこなせるか
移動の手間を省く
無駄の無い動きによって仕事が少なくなる
システムを理解
お店のルールを覚え守ると仕事が早くできます

ホーム RSS購読 サイトマップ