飲食店で仕事を早く覚えやす店

早く覚えるポイント

飲食店で仕事を覚えやすいお店の特徴は

飲食店で仕事を早くこなしやすいお店の特徴とポイント

 

飲食店に限らず共通した内容になりますが

 

定物定位置

 

ごくごく当たり前の内容でなですが、
お店の環境やメニューによっては
この法則は非常に守られにくいケースもなります。

 

 

定物定位置はシステムが明確で
季節によってのメニューの変動が少ない

 

お皿の固定化されているお店は
定物定位置はしやすくなるでしょう。

 

 

代表的なのはフランチャイズのお店
牛丼系列、カレーやラーメンなど
季節関係なくいのシーズンも食べれる商材

 

あとはハンバーガーのファストフード系列など、

 

 

その会社の人間でなくても飲食店の運営、管理が可能な、
管理自体を売っているFCは
定物定位置にしておかないと成り立たちません。

 

更に本部から決められた調理器具、食器、棚があるので
店自体の内容が決まっており
一度覚えると他店でも仕事が可能になります。

 

 

それに対して1店舗、個人経営、システムが明確でないお店は
時代や季節によっての変動の影響を受けやすく作業の流れも変わってしまいます。

 

モデルケース

例えばアイスクリームを販売しているお店で
1つはフランチャイズ(FC)、1つは個人経営で比較した場合。
アイスクリームなら代表的なFCは31サーティーワン
冬場になってもアイスクリームしか売っていません、

 

それに対して
個人経営で過去実際あったお店はかき氷のアイスクリーム屋さん
夏場はアイスクリームを販売していましたが、
冬場になるとお汁粉も合わせて販売していました。
この内容からでもわかるように

 

覚えやすいお店は具体的にここが違う

メニューを幅広くしているお店や変動し、追加が随時あるお店は
その分食器種類使う道具の種類も数多くあります、

 

それだけ多くあるということは収納場所も多く必要で流動的、
それに合わせて季節のメニュー種類が多くなると、
季節のお皿も増え、収納場所にも悩みます。

 

 

ドリンクだけを扱うお店は基本グラス、コップのみで
食器自体の種類が少なく、片付けに覚える量は
シンプルで仕事も早く覚えこなすこともできます。

 

飲食店で実際に働く前にお店のポイントも知っておくと
働いたときに覚えやすくストレスは少ないので
選ぶ知識としては役に立つのではないでしょうかでしょう。

 

それでも実際に入ってしまってから予想と違う場合は
下記の記事を参考にメニューを覚えるコツ

スポンサーリンクス

早く覚えるポイント関連ページ

メニューを覚えるコツ
難しく考えないで、大雑把に捉えるほうが覚えやすい
提供の基本
配膳方法のサービスにはコツがあります
兼任業務
どれぐらい複数の仕事を同時進行でこなせるか
移動の手間を省く
無駄の無い動きによって仕事が少なくなる
システムを理解
お店のルールを覚え守ると仕事が早くできます

ホーム RSS購読 サイトマップ