お酒を販売するお店BARでの仕事

バー

カウンターのお店の距離感は接客のサービスの距離

 

 

カウンターがある風景の店としては
ラーメン屋、バーカウンターの2つが多くみられます。

 

 

今回は接客する機会の多い、お酒を販売する
バーカウンターのカウンター距離感内容になります。

 

 

管理人「クー」も実際、蝶ネクタイをつけた、ミドルクラス
1杯700〜1400円ぐらいのアイリッシュパブスタイルの
「Bar」で働いてました。

 

スタンディングでなのにこの高い値段という印象ですが
高いだけあって、社会人3年目以降の人でほとんどが役職や
オーナーレベルのお客様がほとんどでした。

 

勿論お酒もクラスが高めで、ジュースで割るカクテル
スクリュードライバー(ウォッカ+オレンジ)も
オレンジジュースを使わず、オレンジを絞った物を提供していました。

 

女性が接客するような、クラブやキャバレークラブなどと違い
接客といっても話、会話、話術と雰囲気を読み取るスキルがかなり重要視され

 

そのつかず離れずの接客をさせるのが、カウンターの距離になります。

 

カウンター内のお酒やカクテルを作る作業位置のスタッフから

 

おおよそカウンター自体は60cm〜80cmのテーブルがあり

 

スタッフからお客様の距離がやく100cm、1mに相当する距離になり

 

コミニュケーションが初対面でもとりやすい、テリトリーに触れそうで
触れない位置になり。

 

初めて来るお客様にとっては心地よく、つい来てしまうバーカウンターは
そんな深層心理心理の働きでリピーターになる方も多いようです。

スポンサーリンクス
page top