喫煙と禁煙の分煙しているお店のバランス

タバコ分煙の仕組み

分煙に良いエアーカーテン

現代の社会に必要になってきた分煙のお店、
色んな分煙方法があり、以前は席だけ離し
煙が禁煙席に舞い込んでこようが特に気になりませんでした、
むしろ以前10〜20年前は喫煙者の方が多く、
社会的な立場も喫煙者が強いイメージあり、
連続ドラマで俳優もタバコを吸うシーンが良く見られました。

 

ですが現在は特別な約でない限り、
喫煙シーンはほぼなく、
むしろ禁煙、喫煙シーンが無いほうが好まれます。

 

メディアの意識や健康志向の社会に変化したため、
禁煙のお店も多く、分煙もはっきり区切られたお店が増えました、

 

むしろしっかり分煙していないとお客様が来ないので、
席だけ離すようなお店のしっかり改装し空調管理し始めました。

 

喫煙部屋のガラス間仕切り、店内禁煙店外喫煙、2畳ぐらいの喫煙ルーム、
そしてこの記事のメインとなる、空調管理エアーカーテンが現代で多く見られる
分煙のシステムになります。

 

タバコ分煙の仕組み
エアーカーテンの効果はというと
空調の流れにより効果が変わります。
外の空気の流れが入る場合管理しにくいのですが
外気に影響のないお店のつくりなら
エアーカーテンは100%というほど煙が入ってきません。

 

最近ではプラズマクラスターが搭載されたエアーカーテンもあるので
この場合最強といっていいほど、タバコの煙や臭いがまったくしません。

 

環境の良い飲食店は必然的にお客様にとって居心地がよく
お客様も入ってくる率がたかくなります。

スポンサーリンクス

タバコ分煙の仕組み関連ページ

キャッシュオンデリバリー
お客様に配膳と返却してもらうので安価で提供するお店
キャッシュオンデリバリーの返却棚整理
お客様に返却してもらうので置くためにはまず回収
バイキングスタイルのお店の料理
バイキングでの皿の出し方
バーカウンターでの接客
お酒を扱う店
お酒の入ったお客様に対しても接客

ホーム RSS購読 サイトマップ