お酒の場での接客やコツ

アルコールがある店の接客

お酒を販売する難しさ

 

お酒をメニューに載せている飲食店
バー、居酒屋、レストラン
ダイニング。小料理屋。カフェ
スナック、

 

 

お酒を販売は単価が高く、仕入れが食材、食品よりも安く
腐敗しないところです。

 

材料がメリットる半面、リスクまたは注意すべき点が
お酒を飲み酔っ払う人がいるということです。

 

泥酔するぐらい飲まれるタイプのお店は居酒屋やスナックは
何かと業務外の問題が多くあります。

 

 

お酒を飲んでいるお客様の接客をどうするかである、

 

気分が高揚したり、寛大になっている分、怒る感情でやすいでしょう。

 

お店の雰囲気や接客のバランスにおよりますが
もちろんお変わりの回数が多いと売り上げもあがります。

 

 

管理人「くう」がバーテンダーの時にこれは良いと思える
おかわりの注文をしやすい、方法を見つけました。

 

 

とその前に
通常の接客は、グラスの中身が2割ぐらいになると
「何かおかわり、おつくりしましょうか?」というのが一般的ですが

 

お客様のお酒好きや状態にもよりますが

 

管理人「くう」はこの台詞を言われると
なんだかおかわりをしたくなくなります。
それは売り込まれているという心境と
早く帰れといわれているような気持ちに陥ります。

 

早く帰れの心境は、飲まないなら長居されても困るという裏返しで
帰らないなら2杯目を飲んでください。
言い方によってはそう捉えてしまいます。

 

ではどうすればいいか?

スポンサーリンクス
page top