満席時にお客様に相席をお願いしなくて良い方法

相席は4.5cm間隔

相席不要無言のサービス

席数と席の間隔のサービスにつながることで

 

お店が満席になるピーク時間
経営の面お店の売上げの面や
最終はご利用されたい
お客様のニーズの面でも

 

 

席をいかに確保するかは
飲食店のテーマですね。
日本人は相席というのを
本心は好のですが

 

文化や習慣自体も
昔に比べると相席や同席の環境が
随分と少なくました

 

 

そんな中で満席で
2人座れるテーブルに
1人しか座れないと
場所がもったいない事と

 

満席時に入ってきたお客様が
お店を利用されないまま
帰られるのはお店は機会損質、

 

お客様の立場からすると
アッ私が4人席を一人で利用しているから
4人組の舞っている人がいるという罪悪感も感じやすく

 

更には待っているお客様が
無言の圧力をかけかねない状況にあります

 

 

色々な環境を含めて
お客様は足を運んできてくれた
手間が無駄になります

 

 

そこで合い席でもなく
微妙なテーブル位置なんですが
4人席2テーブルでほんの少し工夫すれば、
「相席お願いできますか?」という
煩わしい気遣いと手間が省けます

 

それは
テーブルとテーブルの間を
ほんの少し

 

約4.5cm間隔をかけます。

 

 

相席は4.5cm間隔

 

その間隔を空けると
ほとんど席は同じなものの
心理的には別の席と認識するので
席数を確保できます

 

 

かなり細かい事ですが
4.5cmを空けるだけで
目に見えない心理のサービスができます。

別々のテリトリー 個の空間と間隔があいてることで
スポンサーリンクス

相席は4.5cm間隔関連ページ

案内の仕事
お客様来店しお店を案内する第一印象の重要な仕事
配膳方法カウンター
カウンター前が壁または窓で後ろから接客できる配膳
配膳の提供サービス向上
気のきく料理の提供法のコツ
テーブルサービス
料理の配膳で行うほんの少しのコツでお客様満足度が向上
空調のサービス
温度帯は心地の良い目に見えないサービス
テーブル傾き
テーブルがぐらぐらしたり不安定なのはお客様にとってはストレス
何を求め来店
お客様はお店に来るときにどうしてくるのか
サービスとは
お客様と接する機会の多いホールは目に見えないサービスが商品
クレーム
お客様と接する機会の多いホール
私語は慎もう
パントリーなどに入るとおしゃべりが始まりやすい
笑顔の重要性
お客様と接する機会の多いホールで必須のスキルは笑顔です。

ホーム RSS購読 サイトマップ