傾きを修正は気付かれないサービスのテーブル修正

実際に使うとガタガタが気になり始めます

飲食店のお店でスタニングにしろ 着席にしろ
飲食店のテーブルは必ず使用します。

 

テーブルの注意するポイントは傾きによる揺れです。
このテーブル傾きで揺れがあると
客様にとっては結構なストレスになります

 

ホールの仕事のとしてテーブルの傾きの揺れを
テーブルを拭く時に同時に修正を行うといいでしょう。

 

 

まずとなりにテーブルがあれば、そのテーブルを基準に高さを合わせると
目に見えないサービスの向上になります。

 

 

これは地味に作業ですが着生されるお客様にとっては大きな影響になります

 

その傾きの修正する方法としては揺れる方向を確認します。

 

傾く方向がわかれば、テーブルの足元に調整用の足があると思います。
傾くときは大体その調整器具が低くなっていているケースが多いので

 

ネジを回しながら高くしていきます。

 

ほとんどのテーブルは4か所ポイントがあり、
テーブル傾き
傾く箇所の1点を調整さえすれば解消できます。

 

揺れが無ければそんな修正した事も気づかれない出来事ですが
サービスの中心は気付かれないという事が基本にあると思います。

スポンサーリンクス