配膳の提供サービス向上

配膳の提供サービス向上

ゆっくり注文の品を置く

料理を配膳する時にある事を
少しの意識するだけで、
提供時のお客様の印象が
変わる方法があります

 

特に急いでいる時ほど
意識すると効果が抜群にわかる

 

 

そのある出来事は
ゆっくり料理を置くという事
とても簡単な事ですよね

 

お店のシチュエーションとしては
明るい白色光メインのお店よりも

 

間接照明の少し落ち着いた
薄明りローソクやランプが似合う
お店のレストランバーなど

 

管理人「クー」が
このサイトで簡単な事ほど
意識することで接客のパフォーマンスが高く
効率的かつお客様が無意識で満足度が高いです

 

 

注文したお品をゆっくり提供する
方法としてはテーブルに置く瞬間
ほんの少し傾けてトレーやお皿の端を
テーブルに軽く当てます
もちろん視覚的にはテーブルと並行している様に

 

 

当たった事が感触でわかれば
その1点ポイントを当てながら
ゆっくりとお客様にスライドさせます

 

品が無いように感じますが
視覚的な効果として差し出される感じ
「スゥーっと」料理が目の前にくる
もう少し表現するなら滑って料理が
スムーズに出される感じ、

 

バーカウンターでの接客の記事にあるように
カクテルをカウンター越しに
お客様に提供するイメージで配膳する

 

それにより丁寧に出されている心理が働き
美味しい料理の付加価値を
つけるサービスの1つです

スポンサーリンクス

配膳の提供サービス向上関連ページ

案内の仕事
お客様来店しお店を案内する第一印象の重要な仕事
配膳方法カウンター
カウンター前が壁または窓で後ろから接客できる配膳
テーブルサービス
料理の配膳で行うほんの少しのコツでお客様満足度が向上
相席は4.5cm間隔
お客様が自ら言わなくても相席できる環境を作るコツ
空調のサービス
温度帯は心地の良い目に見えないサービス
テーブル傾き
テーブルがぐらぐらしたり不安定なのはお客様にとってはストレス
何を求め来店
お客様はお店に来るときにどうしてくるのか
サービスとは
お客様と接する機会の多いホールは目に見えないサービスが商品
クレーム
お客様と接する機会の多いホール
私語は慎もう
パントリーなどに入るとおしゃべりが始まりやすい
笑顔の重要性
お客様と接する機会の多いホールで必須のスキルは笑顔です。

ホーム RSS購読 サイトマップ